ニクロム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ニクロム線を利用した電気こんろ

ニクロムニッケルクロムを中心とした合金電気抵抗が大きいため、発熱素子として、電気ストーブなどによく使われる。

ニクロム線」は、電熱線の代名詞ともなっている。後発で、多くの特性でより優れた ・クロム・アルミニウム合金のカンタル(登録商標、en:Kanthal)に電熱線の主役が移ったが、「カンタル」が一般に知られていないため、カンタル線もニクロム線と呼ばれることがある。

主な電熱合金
名称 成分 融点
抵抗
×10-8Ωm
抵抗の温度係数
×10-4/℃
ニクロム(III,V)
クロメルB
80Ni-20Cr 1430 108 1.1
85Ni-15Cr
ニクロムI
クロメルC
60Ni-12Cr-26Fe 1400 106 1.7
66Ni-22Cr-10Fe-2Mn 110
カンタル(A,D) 23Cr-69Fe-6Al 1500 140 0.6
※数値については誤記の可能性があります。

ニクロムは米国ドライバーハリス社の登録商標であった。Nichromeと表記される。 1905年技師のアルバート・マーシュによって開発された。

ニッケルを80%含んだものをニクロム80と言い、NCH-1相当である。また、ニッケルを60%含んだものをニクロム60と言い、NCH-2相当である。その他に40%、20%等が有る。

鉄クロム合金に比べ勝る主な特性として耐酸化雰囲気特性、耐クリープ性が挙げられる。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]