ナツァギーン・バガバンディ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ナツァギーン・バガバンディ

ナツァギーン・バガバンディモンゴル語: Нацагийн Багабанди; 1950年4月22日 - )は、モンゴル国政治家。元大統領

西部ザブハン県遊牧民の出身。ウォッカ工場技師を経て旧ソ連に留学、政界入り。

1990年モンゴル人民革命党中央委員会書記。1992年国民大会議議員当選及び議長就任。同年2月モンゴル人民革命党党首就任。

当時、モンゴル民主連合エンフサイハン内閣が、政府機構縮小・公務員削減・公共料金値上げ・国有企業民営化などの、急進的な市場経済化政策を推進していた。結果、通貨トゥグリクが下落し、インフレが進み、失業者が増大していた。

1997年5月の大統領選挙に出馬、モンゴル民主連合所属で、現職のポンサルマーギーン・オチルバト候補に対し、緩やかな市場経済化・弱者保護を標榜した。初のテレビ討論も実現。当初から優勢が伝えられていたが、伝統統一党ゴンボジャブ候補も含め、他候補を寄せ付けない強みを発揮した。

長男は、日本の北陸大学留学経験があり、旭鷲山と幼馴染である。


公職
先代:
ポンサルマーギーン・オチルバト
モンゴル国の旗 モンゴル国大統領
第2代:1997 - 2005
次代:
ナンバリーン・エンフバヤル