ナタリア・イーシェンコ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
獲得メダル

Ishchenko in 2010.
ロシアの旗 ロシア
女子 シンクロナイズドスイミング
オリンピック
2008 北京 団体
2012 ロンドン デュエット
2012 ロンドン 団体
世界水泳選手権
2005 モントリオール 団体
2007 メルボルン フリールーティンコンビネーション
2007 メルボルン ソロテクニカルルーティン
2007 メルボルン 団体テクニカルルーティン
2007 メルボルン 団体フリールーティン
2009 ローマ ソロテクニカルルーティン
2009 ローマ ソロフリールーティン
2009 ローマ デュエットフリールーティン
2009 ローマ 団体フリールーティン
2011 上海 ソロテクニカルルーティン
2011 上海 デュエットテクニカルルーティン
2011 上海 ソロフリールーティン
2011 上海 フリールーティンコンビネーション
2011 上海 デュエットフリールーティン
2011 上海 団体フリールーティン
2005 モントリオール ソロ
2007 メルボルン ソロフリールーティン
ヨーロッパ水泳選手権
2006 ブダペスト ソロ
2006 ブダペスト 団体
2006 ブダペスト コンビネーション
2010 ブダペスト ソロ
2010 ブダペスト 団体
2010 ブダペスト デュエット
2010 ブダペスト コンビネーション
2012 デブレツェン ソロ
2012 デブレツェン デュエット
2004 マドリード ソロ
2008 アイントホーフェン ソロ

ナタリア・イーシェンコ(Natalia Sergeyevna Ishchenko (ロシア語: Наталья Сергеевна Ищенко) 1986年4月8日- )はロシアスモレンスク出身の女子シンクロナイズドスイミングの選手。2011年までにオリンピック、世界選手権で合計16個の金メダルを獲得している[1]。スカートをはいたフェルプスと例えられている[1]

経歴[編集]

5歳からシンクロを始めた。バレエフィギュアスケートのレッスンを受けながら、表現力や身体能力に磨きをかけた[1]

14歳のときにカリーニングラードからモスクワでトレーニングを行うようになった[2]

2006年FINAシンクロワールドカップのソロで優勝。同年7月下旬のヨーロッパ水泳選手権ではソロ・フリー・ルーティンで金メダルを獲得した[3]

2008年の北京オリンピックの団体で金メダルを獲得した。

2009年世界水泳選手権ではソロで98.667点で優勝するなど[4]、4個の金メダルを獲得した[1]

2010年FINAシンクロワールドカップのソロで2大会連続で優勝する。

2011年世界水泳選手権ではソロ、デュエット、団体の6種目で金メダルを獲得した[5]

人物[編集]

かつては大きすぎて速い動きができないと言われたが、2009年世界水泳選手権の時点ではその欠点は無くなった[6]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d 美しきシンクロの女王 ナタリア・イーシェンコ”. 産経新聞 (2011年8月20日). 2012年6月4日閲覧。
  2. ^ 8月24日 世界最強ロシアシンクロの秘密”. テレビ朝日. 2012年6月4日閲覧。
  3. ^ シンクロナイズドスイミング イシェンコがソロ・フリー・ルーティーンで金メダル獲得”. AFP (2006年7月29日). 2012年6月4日閲覧。
  4. ^ Ishchenko wins another synch solo gold”. ESPN (2009年7月20日). 2012年6月4日閲覧。
  5. ^ Russia finishes sweep of synchro golds”. ESPN (2011年7月23日). 2012年6月4日閲覧。
  6. ^ 立花美哉 (2009年7月22日). “元世界チャンピオン立花美哉の眼 Vol.8”. テレビ朝日. 2012年6月4日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]