ナガエモウセンゴケ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ナガエモウセンゴケ
Drosera intermedia ne1.jpg
分類
: 植物界 Plantae
: 被子植物門 Magnoliophyta
: 双子葉植物綱 Magnoliopsida
: ウツボカズラ目 Nepenthales
: モウセンゴケ科 Droseraceae
: モウセンゴケ属 Drosera
: ナガエモウセンゴケ D. intermedia
学名
Drosera intermedia Hayne, 1800
和名
ナガエモウセンゴケ
英名
Oblong-leaved sundew

ナガエモウセンゴケDrosera intermedia)は、モウセンゴケ科に属する食虫植物の一種。北半球の温帯域原産で、日本では外来種帰化植物)として一部地域で定着している。

分布[編集]

北アメリカからヨーロッパにかけての北半球の温帯地域を原産地とする[1]

特徴[編集]

葉身の腺毛から粘液を分泌することで小さな昆虫を捕らえる。花期は春から夏にかけてで、白い花を咲かせる。葉片からでも繁殖ができる。

湿地に生育する。

外来種問題[編集]

日本では2002年に岡山県岡山市備前市などにある湿地に定着しているのが確認された[1]。この地域ではほかにも多くの外来食虫植物が野生化しているのが発見されており、マニアによる悪質な意図的植栽とみられている[1][2]

在来種モウセンゴケと交雑する可能性も指摘されており、遺伝子攪乱(かくらん)の問題が危惧されている[1]。こうした岡山における外来食虫植物の問題は地元メディアに取り上げられ、駆除も行われているものの、新たに植えられた外来食虫植物が見つかるなどして根絶に向けた対策は難航している[2]

参考文献[編集]

  1. ^ a b c d 植村修二・勝山輝男・清水矩宏・水田光雄・森田弘彦・廣田伸七・池原直樹 『日本帰化植物写真図鑑 第2巻』 全国農村教育協会2010年12月24日ISBN 978-4-88137-155-8 p.58
  2. ^ a b 片岡博行・西本孝「岡山県における外来食虫植物の侵入状況-その2 (PDF) 」 、『岡山県自然保護センター研究報告』第13巻、2005年、 21-28頁、2011年9月9日閲覧。岡山県自然保護センター