ナイジェル・グロックラー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ナイジェル・グロックラー
Nigel Glockler
}
基本情報
出生 1953年1月24日(61歳)
出身地 イングランドの旗 イングランドイースト・サセックス、ホーヴ
ジャンル ヘヴィメタルハードロック
職業 ドラマー
担当楽器 ドラムスパーカッション
活動期間 1970年代 - 現在
公式サイト nigelglockler.com

ナイジェル・グロックラーNigel Glockler 1953年1月24日 - イースト・サセックス、ホーヴ出身)はイギリスHM/HRドラマー。キャリアの多くをNWOBHMの代表的バンド、サクソンのメンバーとしてプレイし、現在も活躍中。

キャリア[編集]

Krakatoa のドラマーとしてプロ・キャリアをスタート。1980年にはトーヤ・ウィルコックスが結成したトーヤでもプレイした。

1981年、サクソンのドラマー、ピート・ギルの負傷に伴い、サクソンのマネージャー(Krakatoa 時代の同僚)の推薦で後任として加入。

1987年春、GTR加入のためにサクソンを脱退するが、翌年に復帰。

1998年、首と肩を負傷してドクター・ストップがかかり、フリッツ・ランドウと交替するが、その後もサクソンのアルバム制作には作曲などで引き続き参加。

2001年、サクソンのギタリスト、ダグ・スカーラットとの連名でアルバム Mad Men and English Dogs をリリース。

2005年、当時のサクソンのサポート・ドラマー、ヨルグ・マイケルストラトヴァリウス復帰のために脱退。グロックラーが7年ぶりにサクソンに復帰した。

主な参加作品[編集]

トーヤ[編集]

  • Anthem (1981)

サクソン[編集]

  • The Eagle Has Landed (1982)
  • Power & the Glory (1983)
  • Crusader (1984)
  • Innocence Is No Excuse (1985)
  • Rock the Nations (1986)
  • Rock 'n' Roll Gypsies (1989)
  • Greatest Hits Live (1990)
  • Solid Ball of Rock (1990)
  • Forever Free (1992)
  • Dogs of War (1995)
  • The Eagle Has Landed - part 2 (1996)
  • Unleash the Beast (1997)
  • BBC Sessions (1999)
  • The Eagle Has Landed - part 3 (2006)
  • The Inner Sanctum (2007)
  • Into the Labyrinth (2009)

ナイジェル・グロックラー & ダグ・スカーラット[編集]

  • Mad Men and English Dogs (2001)

その他[編集]

  • トニー・マーティン - Back Where I belong (1992)
  • エイジア - Aqua (1992)
  • エイジア - Archiva Vol. 1 (1996)
  • エイジア - Archiva Vol. 2 (1996)
  • ポール・ディアノ & デニス・ストラットン - The Original Iron Men (1995)
  • ポール・ディアノ & デニス・ストラットン - The Original Iron Men 2 (1996)
  • ポール・ディアノ - The World's First Iron Man (1997)
  • ポール・ディアノ - The Masters (1999)

脚注[編集]

外部リンク[編集]