ドーパミン-β-モノオキシゲナーゼ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ドーパミン-β-モノオキシゲナーゼ
識別子
EC番号 1.14.17.1
CAS登録番号 9013-38-1
データベース
IntEnz IntEnz view
BRENDA BRENDA entry
ExPASy NiceZyme view
KEGG KEGG entry
MetaCyc metabolic pathway
PRIAM profile
PDB構造 RCSB PDB PDBe PDBsum
遺伝子オントロジー AmiGO / EGO

ドーパミン-β-モノオキシゲナーゼ(dopamine β-monooxygenase)は、チロシン代謝酵素の一つで、次の化学反応触媒する酸化還元酵素である。

ドーパミン + アスコルビン酸 + O2 \rightleftharpoons ノルアドレナリン + デヒドロアスコルビン酸 + H2O

この酵素の基質ドーパミンアスコルビン酸O2で、生成物はノルアドレナリンデヒドロアスコルビン酸H2Oである。補因子としてPQQおよびフマル酸を用いる。

組織名は3,4-dihydroxyphenethylamine,ascorbate:oxygen oxidoreductase (β-hydroxylating)で、別名にdopamine β-hydroxylase、MDBH (membrane-associated dopamine β-monooxygenase)、SDBH (soluble dopamine β-monooxygenase)、dopamine-B-hydroxylase、oxygenase, dopamine β-mono-、3,4-dihydroxyphenethylamine β-oxidase、4-(2-aminoethyl)pyrocatechol β-oxidase、dopa β-hydroxylase、dopamine β-oxidase、dopamine hydroxylase、phenylamine β-hydroxylase、(3,4-dihydroxyphenethylamine)β-mono-oxygenaseがある。

参考文献[編集]

  • Friedman S, Kaufman S (1965). “3,4-dihydroxyphenylethylamine beta-hydroxylase. Physical properties, copper content, and role of copper in the catalytic acttivity”. J. Biol. Chem. 240 (12): 4763–73. PMID 5846992. 
  • Levin EY, Levenberg B and Kaufman S (1960). “The enzymatic conversion of 3,4-dihydroxyphenylethylamine to norepinephrine”. J. Biol. Chem. 235: 2080–2086.