ドワーフスネークヘッド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ドワーフスネークヘッド
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 条鰭綱 Actinopterygii
: スズキ目 Perciformes
亜目 : タイワンドジョウ亜目 Channoidei
: タイワンドジョウ科 Channidae
: Channa
: ドワーフスネークヘッド C. gachua
学名
Channa gachua (Hamilton, 1822)

ドワーフスネークヘッドChanna gachua)は、動物界脊索動物門条鰭綱スズキ目タイワンドジョウ科に分類される魚類。

分布[編集]

インドインドネシアジャワ島ボルネオ島)、スリランカ中華人民共和国南部からパキスタン[1][2]

形態[編集]

全長20センチメートル[1]。英名dwarfは「小人」の意。腹鰭がある[1]

生態[編集]

繁殖形態は卵生。200-300個の卵を産む[2]。卵は3日で孵化する[1][2]。卵が孵化するまでは主にオスが口中で保護する[1][2]。卵が孵化するとメスはオスの周囲を防衛し、また無精卵を食用として稚魚に与える[1][2]

人間との関係[編集]

ペットとして飼育されることもあり、日本にも輸入されている。飼育下繁殖例もある[1][2]

参考文献[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g 「蛇似頭持魚 スネークヘッド」『月刊アクアライフ』380号、マリン企画、2006年、32-33頁。
  2. ^ a b c d e f 東隆司 「小・中型スネークヘッドコレクション」『フィッシュマガジン』514号、緑書房2008年、82-87頁。

関連項目[編集]