ドウェインズ・フォト

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ドウェインズ・フォト
Dwayne's Photo
略称 ドウェインズ
本社所在地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
カンザス州パーソンズ (カンザス州)英語版南32番街415番地
設立 1956年
事業内容 映画・写真現像
従業員数 約60名 (2010年)[1]
関係する人物 創業者 ドウェイン・ステインリ
外部リンク Dwayne's Photo
テンプレートを表示

ドウェインズ・フォト英語: Dwayne's Photo )は、アメリカ合衆国映画用フィルム現像場英語版であり、写真用フィルム現像所である。1956年(昭和31年)、カンザス州パーソンズ (カンザス州)英語版に設立された。コダックが生産終了した映画用・写真用カラーリバーサルフィルムであるコダクローム現像業務を行なった、最後の現像所として知られる[2][3][4]現像液等の薬剤在庫の枯渇を理由に、2010年(平成22年)12月30日に行った現像が、世界最後の業務的コダクローム現像となった[2][3][4]

略歴・概要[編集]

1956年、ドウェイン・ステインリが同社を創立したときには小さなフィルム現像所であったが、急速に成長し、合衆国における有数の写真現像所のひとつに数えられるようになった。8mmフィルムおよびその後継フォーマットであるスーパー8が1980年代になって急激に衰退し、ほとんどの現像所が閉鎖されていったが、同社は業務を続けた。126フィルムといったようなすでに製造販売を終了したフィルム製品を含めた、あらゆるタイプの映画用・写真用フィルムの現像に対応する数少ない現像所のひとつである[1]

同社は、2010年12月の最後まで、コダクロームの現像を続行すること、同時点ですでにコダクロームの供給は不足していると発表した[5]。業務としての現像の終焉が、コダクローム時代の終焉を示している。同年7月14日、コダクロームの最終生産ロールを、スティーヴ・マッカリー英語版のために現像した、と発表[6]。36枚のスライドが、ニューヨーク州ロチェスタージョージ・イーストマン・ハウス英語版に永久展示されることとなった。同社のコダクローム最終現像ロールは、社主のドウェイン・ステインリが撮影したものであり、その最後に感光したフレームは、同社従業員の集合写真であった[7]

コダックによれば、映画用フィルムに関しては、35mmフィルム16mmフィルム(スーパー16含む)、スーパー8のカラーリバーサル現像、スーパー8のカラーネガ現像を行う現像場であるとされている[8]

営業品目[編集]

公式ウェブサイトにみる営業品目の一覧である[9]

  • スライド用フィルムの現像 - E-6現像 : 135フィルム120フィルム220フィルムほか
  • 生産終了したフィルムの現像 - C-41現像・E-6現像・白黒現像 : ディスクフィルム126フィルム127フィルムほか
  • カラーフィルムの現像 - 現行のすべてのカラーフィルム現像 : 135フィルム、APS110フィルム、120フィルム、220フィルムほか
  • 映画用フィルムの現像 - エクタクローム英語版へのE-6現像 : エクタクローム64T(スーパー8用)、エクタクローム100D(16mmフィルム用)、エクタクロームレギュラー8(ダブル8
  • 焼き増し・デュープ・引き伸ばし・ポスター制作 - カラー・白黒ネガ、リバーサルフィルム、写真プリントから焼付ける業務が可能、大きさは手形判からポスターサイズまで
  • 白黒フィルムの現像 - 現行のすべての白黒フィルム現像 : 135フィルム、APS、110フィルム、120フィルム、220フィルムほか
  • 写真修復 - 損傷した写真の復元・現状の改善

脚注[編集]

  1. ^ a b Our History”. Dwayne's Photo. 2010年3月1日閲覧。
  2. ^ a b Kodak Retires KODACHROME Film; Celebrates Life of Oldest Film Icon in its Portfolio”. Kodak (2009年6月22日). 2010年3月1日閲覧。
  3. ^ a b “Dwayne's Photo, Parsons Kansas, The Last Lab to Process Kodachrome”. Wichita Eagle. http://www.kansas.com/static/slides/1130kodachrome/ 2010年3月1日閲覧。 
  4. ^ a b End of an Era: Kodak to discontinue Kodachrome 64”. Photo.net. 2010年3月1日閲覧。
  5. ^ Kodachrome--The end of an era”. dwaynesphoto.com. 2009年11月27日閲覧。
  6. ^ Last Kodachrome roll processed in Parsons”. The Wichita Eagle (2010年7月14日). 2010年7月22日閲覧。
  7. ^ Sulzberger, A. G. (2010年12月29日). “For Kodachrome Fans, Road Ends at Photo Lab in Kansas”. The New York Times. http://www.nytimes.com/2010/12/30/us/30film.html?hpw 
  8. ^ Laboratories Directory の検索結果 (英語), コダック、2010年12月14日閲覧。
  9. ^ Overview of Services, Dwayne's Photo, 2010年12月14日閲覧。

参考文献[編集]

  • British journal of photography (Henry Greenwood & Co., Ltd) 156 (7734): p.7. (October 2009). 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]