120フィルム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
120フィルム
ポーランドのフォトパン120

120フィルム120Film )は、中判カメラで使用する写真フィルムの規格である。ここでは裏紙を使用せず倍の長さの220フィルム220Film )についても併せて解説する。カメラについては中判カメラで扱う。

略歴・概要[編集]

現在一般的な中判カメラで使用する120フィルム、および幅が同じでカメラによっては共用できる220フィルムについて日本ではブローニーフィルムと総称することがある[1][2][3]

語源となったブローニーは、コダック初期のカメラブランド名であって、1900年2月登場で117フィルムを使用するブローニー以来、120フィルムを使用するNo.2ブローニーライン、116フィルムを使用するNo.2Aブローニーライン、127フィルムを使用するベビーブローニー等、620フィルムを使用する620ブローニー等、さまざまなタイプのフィルムを使用するカメラを発表して来たが[4]、日本では120フィルムをブローニーフィルムと呼ぶようになっている。すなわち「ブローニーフィルム」は和製英語である。

ペンタックス6×7。6×7cm判

画面サイズと撮影枚数[編集]

6×4.5cm判 6×6cm判 6×7cm判 6×8cm判 6×9cm判 6×12cm判 6×17cm判
ろくよんご ろくろく ろくなな ろくはち ろくきゅう ろくいちに ろくいちなな
別名 セミ判 ブローニー判
120フィルム 16枚撮り 12枚撮り 10枚撮り 9枚撮り 8枚撮り 6枚撮り 4枚撮り
220フィルム 32枚撮り 24枚撮り 20枚撮り 18枚撮り 16枚撮り 12枚撮り 8枚撮り

撮影可能枚数は、同じフォーマットでもカメラによって異なる場合がある。例えばイコンタシックスの初期製品には120フィルムで11枚撮りの製品があり、ペンタックス645初代は120フィルムで15枚撮り。裏紙のない220フィルムを使用する場合、カメラによっては220フィルム用マガジンを用意する必要があるもの、また構造上220フィルムは使えないカメラ[5]もある。

おもな製品[編集]

120フィルム/220フィルムのおもな現行製品の一覧である。

コダック[編集]

  • コダックプロフェッショナルT-MAX 400/120 - 120、ISO 400、白黒ネガ
  • コダックプロフェッショナルTRI-X 400/120 - 120、ISO 400、白黒ネガ
  • コダックプロフェッショナルEKTAR 100/120 - 120、ISO 100、カラーネガ
  • コダックプロフェッショナルPORTRA 800/120 - 120、ISO 800、カラーネガ
  • コダックプロフェッショナルPORTRA 160NC/120 - 120、ISO 160、カラーネガ
  • コダックプロフェッショナルPORTRA 160 - 120/220、ISO 160、カラーネガ
  • コダックプロフェッショナルPORTRA 400 - 120/220、ISO 400、カラーネガ
  • コダックプロフェッショナルエクタクローム E100G/120 - 120、ISO 100、カラーリバーサル
  • コダックプロフェッショナルエクタクローム E100VS/120 - 120、ISO 100、カラーリバーサル

富士フイルム[編集]

フジクロームプロビア100Fプロフェッショナル、同ベルビア100プロフェッショナル、同アスティア100Fプロフェッショナル、イルフォードFP4プラス125、同HP5プラス400。

ローライ[編集]

  • ローライクロスバード120 - 120、ISO 200、カラーリバーサル
  • ローライナイトバード120 - 120、ISO 800、カラーネガ
  • ローライデジベースCN200/120 - 120、ISO 200、白黒ネガ
  • ローライRPX100/120 - 120、ISO 100、白黒ネガ
  • ローライRPX400/120 - 120、ISO 400、白黒ネガ
  • ローライATP1.1/120 - 120、ISO 32、白黒ネガ
  • ローライATO2.1/120 - 120、白黒ネガ
  • ローライスーパーパン200/120 - 120、ISO 200、白黒ネガ
  • ローライインフレアド400S/120 - 120、ISO 400、白黒ネガ
  • ローライパン25/120 - 120、ISO 25、白黒ネガ
  • ローライオルト25/120 - 120、ISO 25、白黒ネガ

アグフア[編集]

  • アグフアコペックスラピッド120 - 120、ISO 64、白黒ネガ

エフケ[編集]

  • エフケIR820/120 - 120、白黒リバーサル赤外線フィルム
  • エフケIR820アウラ120 - 120、白黒リバーサル赤外線フィルム
  • エフケR25/120 - 120、ISO 25、白黒リバーサルフィルム
  • エフケR50/120 - 120、ISO 40、白黒リバーサルフィルム
  • エフケR100/120 - 120、ISO 100、白黒リバーサルフィルム

フォマ・ボヘミア[編集]

  • フォマパン100クラシック120 - 120、ISO 100、白黒ネガ
  • フォマパン200クリエイティヴ120 - 120、ISO 200、白黒ネガ
  • フォマパン400アクション120 - 120、ISO 400、白黒ネガ

イルフォード[編集]

  • イルフォードデルタ100 - 120、ISO 100、白黒ネガ
  • イルフォードデルタ400 - 120、ISO 400、白黒ネガ
  • イルフォードデルタ3200 - 120、白黒ネガ
  • イルフォードパンFプラス50 - 120、ISO 50、白黒ネガ
  • イルフォードFP4プラス125 - 120、ISO 125、白黒ネガ
  • イルフォードHP5プラス400 - 120、ISO 400、白黒ネガ
  • イルフォードSFX200 - 120、ISO 200、白黒ネガ
  • イルフォードXP2スーパー400 - 120、ISO 400、白黒ネガ

海鴎[編集]

  • 上海GP-3/120 - 120、ISO 100、白黒ネガ

ロモグラフィー[編集]

  • ロモグラフィーレッドスケールXR50-200/120 - 120、ISO 50-200(任意設定)、カラーネガ、中国製
  • ロモグラフィーレッドスケール100/120 - 120、ISO 100、カラーネガ、中国製
  • ロモグラフィーカラーネガティヴ100/120 - 120、ISO 100、カラーネガ、中国製
  • ロモグラフィーカラーネガティヴ400/120 - 120、ISO 400、カラーネガ、中国製

脚注[編集]

  1. ^ デジタル大辞泉『ブローニーフィルム』 - コトバンク、2011年12月21日閲覧。
  2. ^ カメラマン写真用語辞典『ブローニーフィルム』 - コトバンク、2011年12月21日閲覧。
  3. ^ デジタル大辞泉『ブローニー』 - コトバンク、2011年12月21日閲覧。
  4. ^ The GEH Brownie Collection (英語), ジョージ・イーストマン・ハウス英語版、2011年12月21日閲覧。
  5. ^ 120フィルムの裏紙に記された撮影枚数を確認する、いわゆる「赤窓」がある場合など。巻き取り量の確認が不可能で、当然露光の危険もある。

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]