116フィルム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
116フィルムを使用するブローニーシリーズの写真機、No.2Aフォールディングオートグラフィックブローニー(1915年発売)。
616フィルムとともに発表されたフォールディングカメラコダックシックス-16(1932年発売)。

116フィルム(いちいちろくフィルム、英語: 116 film )は、スチル写真用のフィルムの規格である。1899年にコダックが導入した。

本項では、1932年に同社が導入した、同一フィルムで撮影枚数・スプール等の異なる規格である616フィルム(ろくいちろくフィルム、英語: 616 film )についても扱う。これら規格の名称は、いずれもコダック式のロールフィルム番号である。

概要[編集]

116フィルム616フィルムの画面サイズはいずれも「6.5×11cm判」(2.50×4.25インチ)である。基本的には120フィルムおよび220フィルム(ブローニーフィルム)と同じ70mm幅フィルムを使用しているが、スプールのフランジ部分の直径が116フィルムはやや広く、616フィルムはやや狭い。スプールの軸部分も616フィルムは120フィルムや116フィルムよりも細い規格である。フィルムの長さはいずれも100cmあるいは39インチとされる。

フィルムの生産が終了以降、116フィルムあるいは616フィルム用の写真機を使用する場合には、120フィルムを116フィルムあるいは616フィルム用のスプールに巻きなおす等の手法が試みられている。

略歴[編集]

コダックが1896年に製造販売を開始したポケット・コダックシリーズは、日中装填可能なフォルダーに収まった120フィルムで始まったが、3年後の1899年、「No.1Aフォールディングポケット・コダック」に使用するためのフィルムとして、ロールフィルム116フィルムを開発した[1]

1932年には新規格620フィルムを使用するフォールディングカメラ「コダックシックス-20」とともに、新規格616フィルム、および同フィルムを使用する写真機としてフォールディングカメラ「コダックシックス-16」を発表した[1]

1955年9月の『ポピュラーサイエンス』誌の広告記事「正しい仕事に正しいフィルムを選ぶ法」では、コダックヴェリクロームフィルム、コダカラーフィルムの項目に120フィルム127フィルム828フィルムとならぶ「ポピュラーなロールフィルム」として、116フィルムと616フィルムも列挙されている[2]

コダックは1984年4月に116フィルム、同年5月に616フィルムのそれぞれの生産を終了し[3]、116フィルムは85年間、616フィルムは52年間の歴史を終了した。

おもなフィルム製品[編集]

いずれも生産終了品である。

  • コダックヴェリクロームフィルムV116 - 116フィルム[2]
  • コダックヴェリクロームフィルムV616 - 616フィルム[2]
  • コダックヴェリクロームパンフィルム VP616 - 616フィルム
  • コダックプラスX PX616 - 616フィルム
  • コダカラーフィルム116 - 116フィルム[2]
  • コダカラーフィルム116 - 616フィルム[2]
  • コダカラーX116 - 116フィルム
  • アンスコプレナクローム116 - 116フィルム

おもな写真機[編集]

116フィルム使用[編集]

コダック[編集]

ツァイス・イコン[編集]

ウェルタ・カメラヴェルク[編集]

リュミエール[編集]

  • リュミエール6.5×11

616フィルム使用[編集]

616フィルムを使用するブローニーシリーズの写真機、ブローニーターゲットシックス-16の一部(1946年発売)。

コダック[編集]

  • コダックシックス-16 - フォールディングカメラ、1932年発売
  • ブローニージュニア
  • ブローニーターゲットシックス-16
  • ブローニースペシャルシックス-16

ナーゲル[編集]

アンスコ[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b The History of Kodak Roll Films (英語), 2012年3月5日閲覧。
  2. ^ a b c d e Popular Science, p.238-239.
  3. ^ History of Kodak Roll Film Numbers (英語), 2012年3月5日閲覧。

参考文献[編集]

  • How to choose the right film for the right job - Popular Science, 1955年9月、p.238-239.

関連項目[編集]

外部リンク[編集]