トーマス・デイヴィッドソン (生物学者)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
トーマス・デイヴィッドソン
人物情報
生誕 1817年5月17日
イギリスの旗 イギリスエディンバラ
死没 1885年10月14日 (満68歳没)
イギリスの旗 イギリスサセックス州、ブライトン
出身校 エディンバラ大学
学問
研究分野 古生物学
主な受賞歴 ウォラストン・メダル(1865年)
プロジェクト:人物伝
テンプレートを表示

トーマス・デイヴィッドソン(Thomas Davidson、1817年5月17日 - 1885年10月14日)は、イギリス古生物学者である。

スコットランドエディンバラに生まれた。ミッドロージアンに土地を所有する豊かな家に生まれ、エディンバラ大学およびフランスイタリアスイスで学び、自然科学に興味を持った。多くの国の言葉文学に親しみ、各国の科学者と親しくなった[1]

1837年レオポルト・フォン・ブーフの影響で特に腕足類の研究に取り組み、この分野の権威となった。主著は古生物学会 (Palaeontographical Society) から出版された『イギリスの腕足類化石』(Monograph of British Fossil Brachiopoda:1850年から1886年) で、6巻からなり、200以上の彼自身の手による石版画の図が収録された。現生種の腕足類の著作もリンネ協会 (Linnean Society) から出版された[1]

王立協会の会員に1857年に選ばれた[2]イングランド南部のブライトンで没し、デビッドソンの腕足類のコレションは大英博物館のものとなっている[1]

受賞歴[編集]

出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c  Chisholm, Hugh, ed (1911). “Thomas Davidson”. Encyclopædia Britannica. 7 (11 ed.). Cambridge University Press. p. 864. http://archive.org/stream/encyclopaediabrit07chisrich#page/864/mode/2up 2012年5月13日閲覧。. 
  2. ^ a b Davidson; Thomas (1817 - 1885)” (英語). Library and Archive catalogue. The Royal Society. 2012年5月3日閲覧。
  3. ^ Wollaston Medal” (英語). The Geological Society. 2012年5月3日閲覧。

外部リンク[編集]