レオポルト・フォン・ブーフ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
クリスティアン・レオポルト・フォン・ブーフ
ブーフの銅像
人物情報
生誕 1774年4月26日
ドイツ
死没 1853年3月4日(満78歳没)
学問
研究分野 地質学古生物学
主な受賞歴 ウォラストン・メダル(1842年)
プロジェクト:人物伝
テンプレートを表示

クリスティアン・レオポルト・フォン・ブーフ男爵(Christian Leopold Freiherr von Buch1774年4月26日 - 1853年3月4日)は、ドイツ地質学者古生物学者

ウッカーマルク出身の貴族の家に生まれた。フライベルクの鉱山学校でアブラハム・ゴットロープ・ウェルナーに学んだ。一緒に学んだ学生にアレクサンダー・フォン・フンボルトがいる。

多くの地質学の分野を研究した。始め火山学を学んだが、後に化石の研究を行った。1815年にはカナリア諸島を調査し、テイデ山のラス・カニャダスの地形を報告し、カルデラの用語を初めて用いた。示準化石の用語を確立し、層序学のパイオニアとなった。1826年にはドイツの地質図を作成した。1842年にロンドン地質学会からウォラストン・メダルを受賞した。

1853年に没すると、ブーフが設立者のひとりである、ドイツ地質学会 (Deutschen Geologischen Gesellschaft; DGG) はレオポルト・フォン・ブーフ・メダルを創設した。ベルリン自然史博物館の入口に銅像が飾られている。

関連項目[編集]