トランスクリプション

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

トランスクリプションtranscription)とは、音楽において、記譜されていない曲ないしは音を記譜することである。たとえばポール・マッカートニーなどの作曲家たちは楽譜を読んだり記譜したりすることはせず、曲を印刷された形に移すのはトランスクライバーの仕事である[1]。またトランスクリプションはある楽器または楽器群のために書かれた楽曲を、異なる楽器または楽器群での演奏用に編曲することも意味し、その意味では編曲(アレンジメント)とほとんど同義語である。

記譜としてのトランスクリプション[編集]

記譜するという意味のトランスクリプションの例としては、バルトークハンガリー民謡採集、ヴォーン・ウィリアムズイングランド民謡採集のような、口承民謡の音楽民族学的トランスクリプションがある。

またメシアンは野生の鳥の鳴き声をトランスクリプションして、ピアノのための『鳥のカタログ』などに取り込んだ。

編曲としてのトランスクリプション[編集]

オートマティック・トランスクリプション[編集]

Several attempts have been made at automatic transcription of music, most of which have qualified for someone's Master's or PhD thesis. However, a collection of the tools created by this ongoing research could be of great aid to musicians. In general, musical recordings are sampled at a given recording rate. Common file formats for storing raw sound on computers are 'wav' (Windows) and 'snd' (Unix). Each of these formats represent sound by digitally sampling. Rates of 44100 Hz are common, (this is the equivalent of CD-quality sound).

音楽の自動記譜のためには、以下の問題が解決されなければならない。

1. Notes must be recognized - this is typically done by changing from the time domain into the frequency domain. This can be accomplished through the Fourier Transform. Computer algorithms for doing so are common in signal processing. The Fast Fourier transform algorithm computes the frequency content of a signal, and is therefore very useful in processing musical excerpts.

2. A beat and tempo need to be detected - this is a difficult, many-faceted problem. One attempt is recorded in this scholarly article: Simon Dixon Citation

脚注[編集]

  1. ^ Cameo Lake Music, Music Transcription [1].

関連項目[編集]