トラザメ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
トラザメ
トラザメ.JPG
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 軟骨魚綱 Chondrichthyes
亜綱 : 板鰓亜綱 Elasmobranchii
: メジロザメ目 Carcharhiniformes
: トラザメ科 Scyliorhinidae
: トラザメ属 Scyliorhinus
: トラザメ S. torazame
学名
Scyliorhinus torazame
Tanaka, 1908
英名
Cloudy catshark
Scyliorhinus torazame distmap.png
トラザメの生息域
トラザメの卵の中に幼魚が見える
神奈川県で捕獲されたトラザメ
江ノ島周辺のトラザメには、背中に白い斑点が多数見られる
水族館のトラザメ

トラザメ(虎鮫、学名:Scyliorhinus torazame 、英名:Cloudy catsharkクラウディ・キャットシャーク)は、メジロザメ目トラザメ科 Scyliorhinidae に属するサメ。体長50 cm。目がネコ類のようなスリット状で、「トラ」の名はここに由来する。

分布[編集]

北海道以南から東シナ海東南アジアまでの西部太平洋に分布する。海岸近くから水深100 m までの比較的浅い岩場などを好む。

形態・生態[編集]

体長50 cm。体型は円筒形で鰭はいずれも小さい。2基の背鰭は体の後方にある。体色は全体的に茶褐色をしており、英名のように、状の黒褐色の斑紋がいくつかある。またそれよりも小さな白色の斑点が多数見られる。この模様は、生活場所のや石の多い環境に溶け込むためと考えられている。底生性で、日中は岩の間などに身を潜めてじっとしているが、になると餌を求めて動き出す。

卵生ナヌカザメなどと同様、人魚の財布と呼ばれる特徴的な卵を産む。大きさは5 cm 程度で、半透明な竪琴状の卵殻の中に胎仔が入っている。外側の袋の端にはつる状の構造物があり、これで海藻などに絡みついて卵を固定する。サメの胎仔は卵黄の栄養分を使いながら卵の中で約1年かけて成長し、5 ~10 cm の大きさで孵化する。

性格はおとなしく、人を襲うことはない。丈夫であまり泳ぎ回らず、小型種のため水族館はもちろん、一般家庭でのペットとしての飼育にも適している。

近縁種[編集]

  • イズハナトラザメ Scyliorhinus tokubee (Shirai, Hagiwara & Nakaya, 1992)
英名:Izu cat sharkイズ・キャット・シャーク
日本固有種。伊豆半島周辺海域にしか見られない。外見はトラザメに似るが、トラザメよりも小さな白斑が多数見られる。

和名と英名[編集]

トラザメ類は英語でCatshark (キャットシャーク)であり、Tigershark (タイガーシャーク)ではない。Tigershark と言うと本種とは反対の獰猛な大型種イタチザメになる。このように、サメの名前は日本語を英語に直訳しても通じないばかりか、別のサメを指してしまうことが多い。(例として同じメジロザメ科のツマジロは英語にすれば、Whitetip reef shark だが、海外ではSilvertip shark の事を指す。)

因みにCatsharkを日本語に直訳すれば「ネコザメ」だが、日本でネコザメといえばまた別種のサメになる。ネコザメの海外名は bullhead shark で、”牛頭鮫”という意味になる。

また英語のCatshark はトラザメ科のサメの総称であり、本種 S. torazame はCloudy catshark (クラウディ・キャットシャーク)という。

関連項目[編集]

参考文献[編集]

  • A&A・フェッラーリ 『サメガイドブック-世界のサメ・エイ図鑑』 御船淳・山本毅訳、谷内透監修、ティビーエス・ブリタニカ、2001年、256頁。