デンマーク国鉄IC4型気動車

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
試験中のIC4

デンマーク国鉄IC4型気動車(でんまーくこくてつIC4がたきどうしゃ)はDSB(デンマーク国鉄)のインターシティー(都市間輸送)用にイタリアアンサルドブレーダで製造された気動車である。

デンマーク国鉄による「全ての人にいつでも良い列車を」計画に基づいて既存の車両を置き換えることを目的としているが、政治上の理由により計画は遅延している。 2007年末、DSBはIC4を営業運転に導入する事を決断した。

仕様[編集]

列車の動力はコモンレール式燃料噴射装置による低公害型の4基のディーゼルエンジンで最高速度は200km/hである。出力は編成では2240kwである。

デザイン[編集]

DSB専属のデザイナーやイタリアのピニンファリーナによってデザインされた。

現況[編集]

長期間に渡る計画遅延の為、DSBにとって頭痛の種となりつつある。遅延の原因はアンサルドブレーダでの製造が遅れていることが原因である。2007年10月に4編成がユトランドで運行を開始したが、排気ガスの問題で延期された。

外部リンク[編集]