デラウェア州議会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

デラウェア州議会(デラウェアしゅうぎかい、Delaware General Assembly)は、アメリカ合衆国デラウェア州立法府である。デラウェア州議会は定員21名の上院と、定員41名の下院によって構成されている。両議院の議員はそれぞれ総選挙によって選出され、欠員が生じた場合には速やかに補欠選挙が行われる。任期は上院が4年、下院が2年である。

デラウェア州議会は、デラウェア州の州都ドーバーにあるデラウェア州会議事堂において、毎年1月の第2火曜日に招集され、その年の6月末日まで開催される。

歴史[編集]

デラウェア州議会は、アメリカ独立戦争に参加した13立法府の1つである。パリ条約の締結から4年後の1787年12月7日、デラウェア邦議会は連合規約下の13邦で最初に合衆国憲法を批准し、合衆国政府へ加盟した。すなわち、アメリカ合衆国における最初の州となった。

南北戦争の開戦前、デラウェア州議会はアメリカ合衆国から脱退し、南部諸州によって新たに設立されたアメリカ連合国に加盟するよう圧力を受けていた。デラウェア州は奴隷州であり、また1860年の大統領選挙においては南部諸州が擁立したジョン・ブレッキンリッジを州民の大多数が支持していた。しかしながら州下院は1861年1月3日に合衆国からの離脱を満場一致で拒絶した。上院でも脱退反対が多数を占めていた。州議会における離脱拒否の決議は、その後の大規模な軍事衝突による経済損失を回避することにつながった。

デラウェア州議会では、アメリカ独立戦争以降、4度にわたって州憲法の制定を行った。1度目は1776年、2度目は1792年、3度目は1831年である。現行のデラウェア州憲法は1897年に制定された。

規模[編集]

デラウェア州は、面積・人口ともにアメリカ合衆国においては規模が小さいため、デラウェア州議会もまた他の州議会より小規模なものとなっている。上院下院あわせて62名という議員数は、アラスカ州議会に次いで2番目に少ない人数である。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]