デュラハン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

デュラハンDullahan, Durahan, Gan Ceann )とは、アイルランドに伝わる首のない男[1]の姿をした妖精。女性の姿という説も存在する。[2]

コシュタ・バワー(Cóiste-bodhar)という首無し馬が引く馬車に乗っており、片手で手綱を持ち、もう一方の手には自分の首をぶら下げている。バンシー(banshee)と同様に「死を予言する存在」であり、近いうちに死人の出る家の付近に現れる。そして戸口の前にとまり、家の人が戸を開けるとタライにいっぱいの血を顔に浴びせかける。自分の姿を見られる事を嫌っており、姿を見た者はデュラハンの持つ鞭で目を潰される。だが、コシュタ・バワーは水の上を渡る事が出来ないので、川を渡ればデュラハンの姿を見ても逃げられる。

また、一部でデュラハンは「首なし騎士」とも呼ばれ、文字通り首の無い騎士の姿をして、首無し馬に跨ったアンデッドとして描かれており、やはり「死を予言する者」、または死神のように、人間の魂を刈り取る存在として扱われている。現在の日本ではどちらかというと、こちらの設定の方が有名である。

参考文献[編集]

  1. ^ Brian Witt. “The Dullahan, the Irish Headless Horseman”. Shamrock Club of Wisconsin. 2010年7月8日閲覧。
  2. ^ 草野 巧 著 『幻想動物事典』 (新紀元社) 216ページ