デイヴィッド・ダイアモンド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

デイヴィッド・レオ・ダイアモンド(David Leo Diamond 1915年7月9日 - 2005年6月13日)は、アメリカ作曲家

生涯[編集]

ニューヨーク州ロチェスターで生まれ、クリーブランド音楽大学と、イーストマン音楽学校で、バーナード・ロジャースの下で学ぶ。また、ニューヨークロジャー・セッションズパリではナディア・ブーランジェにも師事した。グッゲンハイム・フェローシップを三回受賞するなど、多くの賞を受賞している。1951年ローマ賞を得て、イタリアに行き、その後もフィレンツェでフリーランスの作曲家として活動した。1965年ニューヨークマンハッタン音楽学校の教授となり、後にジュリアード音楽院1997年まで教鞭をとった。弟子にはエリック・ウィテカーがいる。

主な作品[編集]

管弦楽[編集]

  • 交響曲第1番(1940)
  • 交響曲第2番(1942-43)
  • 交響曲第3番(1945)
  • 交響曲第4番(1945)
  • 交響曲第5番(1947-64)
  • 交響曲第6番(1951)
  • 交響曲第7番(1957)
  • 交響曲第8番(1958-60)
  • 交響曲第9番
  • 交響曲第10番
  • 交響曲第11番(1989-91)
  • 弦楽のための"Rounds" (1944年)

協奏曲[編集]

  • ヴァイオリン協奏曲第1番(1937)
  • ヴァイオリン協奏曲第2番(1947)
  • ヴァイオリン協奏曲第3番(1976)
  • チェロ協奏曲「カディッシュ」(1987)

室内楽曲[編集]

  • 弦楽四重奏曲第1番(1940)
  • 弦楽四重奏曲第2番(1943-44)
  • 弦楽四重奏曲第3番(1946)
  • 弦楽四重奏曲第4番(1951)
  • 弦楽四重奏曲第5番(1960)
  • 弦楽四重奏曲第6番(1962)
  • 弦楽四重奏曲第7番(1963)
  • 弦楽四重奏曲第8番(1964)
  • 弦楽四重奏曲第9番(1965-68)
  • 弦楽四重奏曲第10番(1966)
  • 弦楽四重奏曲第11番

その他、室内楽曲、ピアノ曲声楽曲など多数。