テバイス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

テバイステーバイス、ギリシャ語:Θηβαΐς)またはテバイドテーバイドギリシア語Θηβαΐδα)とは、アビドスからアスワンまでの上エジプトの最も南にある13のノモスから成る古代エジプトの地方のこと。

プトレマイオス朝には、テーバイドは、紅海インド洋の航海の監督責任もある、テーベのエピストラテゴスの下にある単一の行政区域だった。

ローマ帝国の時代、ディオクレティアヌスはテバイス属州を作り、ローマ軍団Legio I MaximianaLegio II Flavia Constantiaによって守備された。後に、テーベに都をおく南半分のThebais Superiorと、Ptolemais Hermiouに都を置く北半分のThebais Inferiorに分割された。

砂漠になって以降、5世紀頃、テーバイドは多数のキリスト教隠者の隠退所になった[1]。キリスト教美術においては、テーバイドは多くの修道士のいる場所として描かれた。

脚注[編集]

  1. ^ "Thebaid". Catholic Encyclopedia.