ティーダ (ファイナルファンタジー)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ファイナルファンタジーシリーズ > ファイナルファンタジーX > ティーダ (ファイナルファンタジー)

ティーダ (Tidus) は、コンピュータゲームファイナルファンタジーX』の主人公として登場する架空のキャラクターである。日本語版の声の出演は森田成一中村勇斗(幼年時)。北米版の声の出演はジェームズ・アーノルド・テイラー

キャラクター名の「ティーダ」は主に沖縄方言で「太陽」を意味する「てぃだ」より。


人物[編集]

17歳。「夢のザナルカンド」のブリッツボールチームであるザナルカンド・エイブスのエース。シンに飲み込まれ、スピラに渡ると、物語の成り行きでスピラ史上最弱ブリッツボールチームであるビサイド・オーラカに入る。

ティーダのみプレイヤーキャラクターとして名前が変更できるというシステムの都合もあり、キャラクターボイスでは他のキャラクターから「お前」「あいつ」などの二人称・三人称でしか呼ばれていなかったが、2013年12月26日に発売された『ファイナルファンタジーX HD リマスター』に収録されているボイスドラマで初めて名前で呼ばれた。

外見は、金髪青目で肌は小麦色。身長は175cm。皮製とみられるつなぎ服(オーバオール)に素肌に黄色の上着。皮の手袋。左腕に装甲具。黄色のショートブーツ。なおオーバーオールのすそは右がすね、左が膝上までで、ともに短い。ザナルカンド・エイブスのチームシンボルのネックレスと指輪をしている。

性格は明朗快活で表情豊か。語尾に「 - ッス」をつけるのが口癖。スポーツマンらしく体を動かすのが好きであり、とても生き生きした人物である。スピラの伝統を無視し感情のまま行動することもあるが、その行動が一行の指針となることもある。

父のジェクトは「夢のザナルカンド」でかなり名を馳せたブリッツボールプレイヤーであったが、約10年前に練習中に海で行方不明となっている。ティーダを愛していたが、愛し方が分からなかったがゆえに、すぐにティーダをからかって泣かせたり、自信過剰で傲慢にも見える態度をとったりしていたために、ティーダはジェクトを嫌悪していた。また、母親はジェクトが行方不明になってまもなく、ティーダを残し亡くなっている。母親もジェクトにかかりきりでティーダに愛情をあまり注がなかったことも、ジェクトとの確執の一因となっている。なお、アーロンは共に旅をしたジェクトにティーダを見守るよう頼まれたことから、「夢のザナルカンド」へ渡り、ティーダの後見人として面倒を見ていた。

戦闘で使用する武器は剣。剣に関しては旅の当初は素人であったが、水中格闘球技「ブリッツボール」で鍛えた身体能力と戦闘センスは高く、戦闘をこなし技を繰り返し繰り出すことで様々な剣技を習得していく。七曜の武器は「アルテマウェポン」。オーバードライブ技は剣技。「エース・オブ・ザ・ブリッツ」の締めの攻撃では「好感度」の最も高い女性キャラ(物語上において両想いの関係にあるユウナとは限らない)からのトスを受け、必殺技「スフィアシュート」を放つ(ボタンを押すタイミングが悪いと失敗する)。

「ブリッツボール」の選手だったため身体能力は高く、「ザナルカンド・エイブスのエース」を自称し、本作に登場するブリッツボールプレイヤーの中で唯一、父ジェクトの得意技であった「ジェクトシュート」を使用できる。ミニゲームのブリッツボールを進めると更なる進化を経た「ジェクトシュート2」を習得することが出来る。

作中での活躍[編集]

ファイナルファンタジーX[編集]

父ジェクトの行方不明から10年。ティーダは、「夢のザナルカンド」のブリッツボールチームである「ザナルカンド・エイブス」のエースとして活躍していたが、父ジェクトの名を冠したトーナメントに出場していたところに現われた「シン」に飲み込まれてしまい、スピラへと渡る。

「シン」に飲み込まれた後、廃墟の寺院で魔物に襲われていたティーダは、アルベド族のリュックらによって助けられる。その後、食事の世話をしてくれる謝礼として彼女達の発掘を手伝ったティーダは、海底で巨大な飛空艇を発見するが、そこに「シン」が現れティーダは再び飲み込まれる。

次にティーダが流れ着いたのはビサイド島であった。流れ着いたところをワッカに助けられる。村に戻る途中にワッカから、「今度ルカで開かれるブリッツボールの大会に出れば誰か知り合いに会えるかもしれない」と、ワッカが所属する『ビサイド・オーラカ』の選手としてブリッツボールの大会に出ることを提案されたティーダは、大会に出ることを決意する。

ワッカと共に村に戻ると、村では寺院に修行に行っていた従召喚ユウナが戻ってこないという騒ぎが起こっていた。彼はエボンの教えを無視して無理矢理寺院に入り、そこで初めてユウナと出会う。出会った日の夜には、初めてユウナと会話を交わす。

その後、ブリッツボールの大会に参加する為、召喚士ユウナの一行とルカまで同行することになるが、ルカのブリッツボールスタジアムでの魔物騒ぎの中で、自らが「シン」に飲み込まれる原因を作ったアーロンと再会する。その後、「シン」を倒す術(=究極召喚)を得るための召喚士の旅の最終目的地が自分の故郷、ザナルカンドであると知った彼は、ユウナのガードとしてザナルカンドを目指すことを決意する。

楽天的で疑うことを知らない性格から、ユウナや仲間達と共に「シン」を倒せば何事もうまくいくと信じていた。スピラという見知らぬ世界で孤独な境遇に置かれながらも明るく闊達に振る舞い、思い悩むユウナの背中を力強く後押ししていた。「シン」の正体が父ジェクトであると知ってもそれほど大きな衝撃は受けなかった。だが、ユウナが究極召喚を使うと「シン」を倒す代償に命を落とす運命にあること、そのことを仲間内で知らなかったのが自分だけだったことに大きな衝撃を受ける。ティーダは、究極召喚を使ったらユウナがどうなるかも知らなかったがゆえに、不用意な言葉でユウナを傷つけ追い込んでいたことを激しく後悔し、謝らなくてはいけないという思いから、グアド族に連れ去られたユウナを救出に向かう。飛空挺でユウナを捜索したところ、聖べベル宮で花嫁衣装に身を包み、既に死者となっているグアド族のシーモアと結婚式を挙げようとしていたユウナを発見。すぐに救出に向かう。

ユウナを救出したティーダ達は、一度は罠に落ちて捕らえられるがどうにか脱出。旅が進むにつれ、お互いに惹かれ合っていったティーダとユウナは、マカラーニャの森の「聖なる泉」で心を通わせ、口付けを交わす。ティーダと共に生きたいと願いながら、スピラの人々が抱くささやかな希望と召喚士への期待を裏切ることの出来ないユウナは、「シン」を倒す旅を続けることを決意。ティーダはユウナの望みを叶えることを約束し、一行はザナルカンドへの旅を再開する。

数々の苦難を乗り越えザナルカンドへ到着したティーダ達を待っていたのは、ユウナの名前の元ともなっている伝説の召喚士ユウナレスカ。そして、「シン」を倒す唯一にして絶対的な方法とされる「究極召喚」とは、その召喚士が最も信頼するガードを究極召喚獣に変えて「シン」を倒し、その究極召喚獣が新たな「シン」に生まれ変わるということであり、究極召喚だけでは「シン」を完全には倒せないという衝撃の真実だった。また、かつて悲壮な覚悟を決めたブラスカのため、アーロンから反対されながらも自らの身を犠牲にすることを選んだジェクトが、一人残されるアーロンにティーダを見守ってくれるよう依頼していたことも知る(この後に究極召喚の真実を知ったアーロンはユウナレスカに重傷を負わされ息絶えるが、死人となってスピラに留まっていた)。「シン」の脅威と滅びの運命が、スピラの人々の謙虚な信仰心につながるとうそぶくユウナレスカと、「シン」を完全に消すことが旅の目的だったユウナ達は真っ向から対立。ユウナレスカを打倒し、究極召喚の道を閉ざす。

究極召喚なし、しかも復活させないように「シン」を倒す方法を模索する内、「シン」を完全に倒すには、「シン」を形作るエボン=ジュを倒す必要があると分かる。しかし、ティーダ自身が「夢のザナルカンド(物も人もすべて召喚術によって作られた実在しない都市)」の住人であること、そして「夢のザナルカンド」を召喚しているエボン=ジュが消滅すれば、エボン=ジュと同じ1000年前のザナルカンド起源である祈り子達も夢を見つづけることをやめる、という事実がティーダに知らされる。それはすなわち、「シン」を倒せばティーダ自身も消滅するという残酷な現実を意味していた。

自らに負わされた過酷な運命を誰にも語ることなく、「シン」(=ジェクト)との決戦に挑んだティーダは、戦いの中で父ジェクトと完全に和解する。そして、仲間達と共にそれまで幾度となく彼らの助けとなってきた召喚獣(の祈り子)達との悲しい戦いを経て、エボン=ジュとの最終決戦に挑む。こうしてエボン=ジュは消滅し、「シン」は完全に倒された。戦いの後、飛空挺上でティーダの体が透け始める。ティーダの消滅を薄々感づいていたユウナと事情を知らない仲間達の目の前で、彼は飛空挺から飛び降り、以後は行方不明となってしまう。

ファイナルファンタジーX-2[編集]

ティーダが行方不明になった後、リュックが持って来たスフィアにティーダそっくりの青年が映っていたことから、ユウナはリュックが所属しているスフィアハンター集団である「カモメ団」に入ることを決意する。

スピラの住人にはユウナに同行していたティーダを覚えている者もおり、ユウナが成長していく物語の中で重要な役割を果たす。

条件を満たすと隠しエンディングでユウナと再会する。ユウナの変わりように驚きつつも、再び会えたことを喜び、「ただいま」の挨拶を交わし抱き締め合う。

なお、ミニゲーム「ブリッツボール」で、「エイブスエース」の名でザナルカンド・エイブスに所属する選手として登場する(その際のステータスは、シュート値がMAXの99であるなど、正に最強を誇る。さらに、前作で登場したジェクトシュートの進化版として、ジェクトシュート2も使いこなす)。インターナショナル版では「クリーチャークリエイト」のクリーチャーとしても登場する。その際の名前は「????」となっている。

その他に登場する作品[編集]

関連項目[編集]