チロエ島

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
チロエ島
チロエ島
面積 8,394 km²
所在海域 太平洋
所属国・地域 チリの旗 チリ
テンプレートを表示
チロエ島の位置

チロエ島スペイン語Isla de Chiloé)は、チリロス・ラゴス州にある大きな。面積は8,394km²で、チリの島ではフエゴ島に次いで広く、南米でも5番目に広い島。チロエ島とその周辺の小島で構成されるチロエ諸島の主島である。Isla Grande de Chiloéともいう。

島の人口は155,000人(2002年)。主要産業は、農業、林業、サケ養殖、観光である。2000年チロエの教会群世界遺産に登録され、観光客が増えている。

本土との間にチャカオ海峡大橋を架ける計画があり、2012年の完成を目指していたが、予算面の問題で現在、計画が中断されている。(en:Chacao Channel bridge

地理[編集]

チリの本土とは、北はチャカオ海峡で、東はアンクー湾とコルコバド湾で隔てられている。西は太平洋に面している。南はコルコバド湾の一部を挟んでチョノス諸島がある。チロエ島は南北190km、東西55~65kmの長方形をしている。

チロエ県の首都で島の中心地のカストロは東海岸中部にあり、人口は約40,000人。第二の都市は島の北西にある旧首都のアンクーである。

チリの中部には太平洋沿岸部に、アンデス山脈と平行に走る海岸山脈があり、チロエ島や、南のチョノス諸島は山脈の南端の続きである。島の東部は海岸線が複雑で本土との間には小島が点在している。

チロエ島は南緯41度から44度の間に位置しており、冷涼で湿度が高い。西海岸には温帯多雨林が広がり、その一部は国立公園に指定されている。東海岸はアンデス山脈の影響で比較的に乾燥している。

歴史[編集]