チリのための同盟

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
チリ共和国の政党
チリのための同盟
Alianza por Chile
成立年月日 1989年
政治的思想・立場 中道右派
右派
保守
自由主義
国際組織 国際民主同盟
テンプレートを表示
最後の代表を務めたセバスティアン・ピニェラ

チリのための同盟(ちりの ための どうめい、スペイン語:Alianza por Chile)は、チリにかつて存在した政党連合。1989年の大統領選挙直前に結成された「民主主義と進歩のための同盟」(Democracia y Desus)を前身とする、チリ共和国における右派中道右派政党による政党連合である。2009年のチリ大統領選挙に際し、この連合にチリ第一党が加わり、新たな政党連合「変革のための同盟」(Coalición por el Cambio)を結成したことで発展的に解消した。

構成政党[編集]

同盟を構成したのは以下の政党である。

  • 独立民主同盟UDI、Union Democrata Indipendiente)-ピノチェト将軍派の政治組織
  • 国民革新党RN、Renovacion Nacinal)-1987年12月結成。ピノチェト将軍からは、やや距離を置いている。1960年代の保守政党「国民党」を源流としている。

関連項目[編集]