国民革新党 (チリ)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
チリ共和国の政党
国民革新党
Renovación Nacional
Flag of Renovacion Nacional.png
党旗
党首 [[カルロス・ララインスペイン語版]]
成立年月日 1987年4月29日
本部所在地 サンチアゴ
チリ共和国下院議席数
18 / 120   (15%)
(2010年)
チリ共和国上院議席数
8 / 38   (21%)
(2010年)
政治的思想・立場 保守 中道右派
古典的自由主義
自由保守主義
公式サイト [1]
シンボル Renovacion Nacional 2014.pngロゴ
国際組織 国際民主同盟
テンプレートを表示

国民革新党スペイン語: Renovación Nacional)はチリ自由主義保守政党国家改革党と表記される場合もある。国際民主同盟加盟政党。

結成[編集]

1987年、翌1988年に予定されていたアウグスト・ピノチェト軍事政権の任期延長をめぐる国民投票を前に結成された。党員にはピノチェト時代以前の国民党急進民主党(のちの急進社会民主党に連なるチリ急進党右派)、キリスト教民主党などのメンバーのうち、ピノチェト軍事政権に協力的だった者が結集したが、後に大統領になるセバスティアン・ピニェラがピノチェトに不信任票を投じる[1]など、実際には軍事政権からやや距離をおいていた。そのため、強硬なピノチェト支持派は独立民主連合を政党登録して離党している。

野党として[編集]

国民投票の結果ピノチェトの退陣が決まると、1989年に行われた民主化後初めての大統領選挙で独立民主連合と保守政党連合の「民主主義と進歩」(スペイン語: Democracia y Progreso、のちチリのための同盟スペイン語: Alianza por Chile)に改称)を結成して臨んだが敗れ、野党となった。その後も1993年1999年2005年と続けて中道左派政党連合コンセルタシオン・デモクラシアに敗れた。

ピニェラ政権[編集]

2009年の大統領選挙では政党連合をチリ第一党などに拡大して変革のための同盟を組みセバスティアン・ピニェラを大統領とした。現在も実質的にはピニェラが党の指導者だが、党の規定に従って離党している。なおピニェラ政権の最大与党は国民革新党ではなく、連立政権を組む独立民主連合である。

脚注・出典[編集]

  1. ^ セバスティアン・ピニェラ・エチェニケ大統領 略歴外務省

外部リンク[編集]