ダーチャ・マライーニ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ダーチャ・マライーニ
Dacia Maraini
Dacia Maraini 2012.jpg
ダーチャ・マライーニ (2012年)
誕生 1936年11月13日(77歳)
イタリアの旗 イタリアフィエーゾレ
職業 小説家・劇作家・詩人
言語 イタリア語
国籍 イタリアの旗 イタリア
主題 フェミニズム反ファシズム 
主な受賞歴 カンピエッロ賞(1990年)
ストレーガ賞 (1999年)
Portal.svg ウィキポータル 文学
テンプレートを表示

ダーチャ・マライーニDacia Maraini, 1936年11月13日 - )は、イタリアの小説家・劇作家・詩人。主にフェミニズム反ファシズムに焦点をあてた作品で知られる。父はフォスコ・マライーニ

生い立ち[編集]

フィエーゾレ生まれ。父のアイヌ研究のため、1938年に来日する。1943年、両親や姉妹と共に名古屋市の外国人収容所へ移送される。1946年に解放されイタリアに帰国し、シチリア島で暮らす。その後、フィレンツェの寄宿学校で学んだ。

受賞歴[編集]

日本語訳された作品[編集]

  • 不安の季節(1970年、青木日出夫 訳、角川書店
  • バカンス(1971年、大久保昭男 訳、角川書店)
  • メアリー・ステュアート(1990年、望月紀子 訳、劇書房)
  • シチーリアの雅歌(1993年、望月紀子 訳、晶文社
  • 帰郷シチーリアへ(1995年、望月紀子 訳、晶文社)
  • 声(1996年、大久保昭男 訳、中央公論社
  • イゾリーナ〜切り刻まれた少女〜(1997年、望月紀子 訳、晶文社)
  • 別れてきた恋人への手紙(1998年、望月紀子 訳、晶文社)
  • おなかの中の密航者(1999年、草皆伸子 訳、立風書房
  • 思い出はそれだけで愛おしい(2001年、中山悦子 訳、中央公論新社