ダルヴァザ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ダルヴァザ
ダルヴァザの位置
ダルヴァザ
トルクメニスタン全図
座標: 北緯40度15分08秒 東経58度26分23秒 / 北緯40.25222度 東経58.43972度 / 40.25222; 58.43972
Flag of Turkmenistan.svg トルクメニスタン
行政区画 アハル州
人口 (1989年)
 - 計 1,683人

座標: 北緯40度15分8秒 東経58度26分23秒 / 北緯40.25222度 東経58.43972度 / 40.25222; 58.43972 ダルヴァザ英語:Darvaza、トルクメン語:Derweze)は、トルクメニスタンアハル州にあるカラクム砂漠の中央にあり、首都アシガバード約260キロメートルに位置する。意訳すると「関門」。

Darvaza の仮名転写としては、「ダルヴァザ」のほか「ダルバザ」とも記される。稀に「タルバサ」と記した文献もある。

人口約350人。住民のほとんどはテケ族英語版 (Teke (Tekke) tribe) である。

地獄の門[編集]

地獄の門
全体像

トルクメニスタン国内のダルヴァザ付近の地下には豊富な天然ガスがある。1971年地質学者ボーリング調査をした際、偶然、天然ガスに満ちた洞窟を発見したが、調査の過程で落盤事故が起き、採掘作業用の装置が置かれていた場所もろとも直径50〜100メートルにもなる大きな穴が開いてしまった。有毒ガスの放出を食い止めるため、点火することになったが、可燃性ガスが地下から絶え間なく吹き出るため、延々と燃え続ける事態となった。

のちにこの穴を住民は「地獄の門The Door to Hell)」と名づけた(日本語では「地獄の門」のほかに「地獄の扉」との直訳もされる)。現時点ではこの天然ガスの燃焼を食い止めることは技術的にとても困難と判断され、また、天然ガスの埋蔵量自体が不明なため、今後いつまで燃え続けるのかもよく判っていない。現在でも消火するための解決手段は無く、依然として燃え続けている。

2010年になり、トルクメニスタンが天然ガス生産量の増加を計画するなか、トルクメニスタン大統領グルバングル・ベルディムハメドフが現地を視察し、穴を封鎖または周囲のガス田開発のために対策を立てるように指示したという報道がある[1]

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]