ダニエル・フェルナンデス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ダニエル・フェルナンデス Football pictogram.svg
Daniel Fernandes 2012.jpg
名前
本名 ダニエル・マルシオ・フェルナンデス
Daniel Márcio Fernandes
ラテン文字 Daniel Fernandes
基本情報
国籍 ポルトガルの旗 ポルトガル
カナダの旗 カナダ
生年月日 1983年9月25日(30歳)
出身地 カナダの旗 エドモントン
身長 195cm
体重 98kg
選手情報
在籍チーム オランダの旗 FCトゥウェンテ
ポジション GK
背番号 25
利き足 右足
ユース
-2000 カナダの旗 バンクーバー・オリンピックス
2000-2001 ポルトガルの旗 ポルト
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2001-2002 ポルトガルの旗 ポルト B 0 (0)
2002-2003 スペインの旗 セルタ B 1 (0)
2003 ドイツの旗 ヤーンⅡ (loan) 12 (0)
2003-2008 ギリシャの旗 PAOK 90 (0)
2008-2011 ドイツの旗 ボーフム 32 (0)
2010 ギリシャの旗 イラクリス (loan) 10 (0)
2010-2011 ギリシャの旗 パナシナイコス (loan) 0 (0)
2011 ギリシャの旗 パンセライコス (loan) 7 (0)
2011 ルーマニアの旗 CFRクルジュ 2 (0)
2012- オランダの旗 トゥウェンテ 0 (0)
代表歴2
2002-2003 カナダの旗 カナダ U-20 6 (0)
2006 ポルトガルの旗 ポルトガル U-21 2 (0)
2007- ポルトガルの旗 ポルトガル 2 (0)
1. 国内リーグ戦に限る。2013年6月28日現在。
2. 2012年6月3日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

ダニエル・マルシオ・フェルナンデスDaniel Márcio Fernandes, 1983年9月25日- )は、カナダエドモントン出身のポルトガル代表サッカー選手エールディヴィジFCトゥウェンテ所属。ポジションはGK

経歴[編集]

生い立ち[編集]

ポルトガル人の父とチェコ人の母の下で[1]カナダアルバータ州エドモントンに生まれ[2]ブリティッシュコロンビア州イーストバンクーバーで育つ。バングーバー・オリンピックス(Vancouver Olympics)が最初に所属したクラブだった。

クラブ[編集]

初期[編集]

2000年、17歳の時に父の故郷であるポルトガルに渡りFCポルトの下部組織へ入団した。2季の在籍でBチームに登録されたものの出番はなく、スペイン2部セルタ・デ・ビーゴBへ移籍した。

2003年1月にセルタBからドイツ2部SSVヤーン・レーゲンスブルクへ貸し出されたが、ここでもトップチームでの出番がなく地域リーグ(Bayernliga)を戦うBチームが主戦場となり、同年6月にセルタBへ復帰するも放出された。

PAOK[編集]

トライアルを経てギリシャ1部PAOKテッサロニキと契約を締結。最初の2季での出場は僅か4試合にとどまったが、2005年にニコス・カラゲオリオウ英語版監督が解任されクラブのゼネラルマネージャーにして元選手のゲオルギオス・コスティコス英語版が監督に就任すると、すぐさまキリアコス・トホウログロ英語版に代わり正GKに指名された。この2005-06シーズンはピッチ内外で多くの問題を抱えながらもフェルナンデスは27試合に出場し、後に債務の問題から出場禁止となった[3]UEFAカップ2006-07英語版出場権獲得となる6位でシーズンを終えることに貢献。以降のシーズンも正GKを務めた。

ボーフム[編集]

2008年5月23日に移籍金約120万ユーロでドイツ1部VfLボーフムと締結。以前、PAOKで同僚だったマルチン・ミェンチェル英語版と再会を果たした。移籍1季目は、降格圏内まで僅か勝ち点3の14位と苦しい状況の中で、8月16日のバイエル・レバークーゼンとの開幕戦(アウェイ0-1敗北)で初出場を果たして以降、3試合を除き出場し正GKを務めた。しかし、2季目になるとフィリップ・ヘーアヴァーゲン英語版にポジションを奪われベンチを温める日々が続き、さらに、フランク・ハイネマン英語版暫定監督によりBチームに落とされた。その結果、2010年1月18日にギリシャのイラクリス・テッサロニキFCへシーズン終了まで貸し出された[4]。同年夏のパナシナイコスFCと2011年1月のパンセライコスFC英語版への期限付き移籍を経て、2011年6月30日にボーフムから放出された[5]

ルーマニア / オランダ[編集]

2011年8月16日にルーマニア1部王者CFRクルージュと契約を締結[6]。しかし、同胞のベトの存在から出場僅か2試合にとどまり5ヶ月で契約解除となった[7]

2012年1月16日にオランダ1部FCトゥウェンテと契約[8]

代表[編集]

ユース時代のフェルナンデスは、当初U-20カナダ代表としてプレーをしていた[2]が、その後、父の母国であるポルトガルを選択し、2006年にU-21ポルトガル代表として初出場をした[9]

2006年11月にポルトガルA代表へ初招集を受けるも、この時はリカルド・ペレイラキムに次ぐ3番手のため出場は訪れなかった。翌年5月にUEFA EURO 2008予選ベルギー戦と親善試合のクウェート戦へ向け、ルイス・フェリペ・スコラーリ監督の下で再招集され[10]、6月のクウェート戦(1-1)で66分にキムと交代で初出場を飾った。2009年2月のフィンランド戦(1-0勝利)では、今度はエドゥアルドと交代で出場2試合目を記録した。

2010年5月に2010 FIFAワールドカップのメンバーに選出される[11]も、エドゥアルドとベトに次ぐ3番手だった[12]ため出場はなかった。以降は、ルイ・パトリシオの台頭もあり招集機会が減少している。

私生活[編集]

2人の弟を持つ。また、ノルウェー人の女性と結婚し、娘を1人授かっている。

脚注[編集]

  1. ^ "2010 FIFA World Cup™ - DANIEL FERNANDES - FIFA.com"
  2. ^ a b "A real 'keeper for Portugal"
  3. ^ "Εκτός Κυπέλλου UEFA ο ΠΑΟΚ, στη θέση του ο Ατρόμητος"
  4. ^ "GREECE- OFFICIAL, In Iraklis arrives Dani Fernandes"
  5. ^ "Vertrag mit Fernandes aufgelöst"
  6. ^ "Bun venit, Daniel Fernandes!"
  7. ^ "Daniel Fernandes și-a reziliat contractul pe cale amiabilă cu CFR 1907 Cluj!"
  8. ^ "Joshua John en Daniel Fernandes naar FC Twente"
  9. ^ "Italy's Palladino punishes Portugal"
  10. ^ "Scolari names uncapped trio in Portugal squad"
  11. ^ "Pepe in Portugal squad"
  12. ^ "Keeper catches World Cup spirit"

外部リンク[編集]