タルカ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
タルカ
Talca
—  コミューン  —
セッロ・ラ・ビルヘンから見たダウンタウン

印章
マウレ州におけるタルカの位置
タルカの位置(チリ内)
タルカ
タルカ
位置図
座標: 南緯35度26分0秒 西経71度40分0秒 / 南緯35.43333度 西経71.66667度 / -35.43333; -71.66667
チリの旗 チリ
マウレ州の旗 マウレ州
タルカ県
建設 1742年2月17日
行政
 - 市長 フアン・カストロ
面積
 - コミューン 232km2 (89.6mi2)
人口 (2002年)
 - コミューン 201,797人
 都市圏 193,755人
等時帯 チリ標準時 (CLT)[1] (UTC-4)
 - 夏時間 チリ夏時間 (CLST)[2] (UTC-3)
ウェブサイト www.talca.cl

タルカ西: Talca)は、チリの都市。首都のサンティアゴ・デ・チレから南へ240kmの地点に位置する、タルカ県マウレ州の中心都市である。2002年国勢調査時の人口は19万3755人。

市街は1742年に初代スペルンダ伯のホセ・アントニオ・マンソ・デ・バラスコによりサン・アグスティン・デ・タルカの名で建設された[3]。1742年と1928年の地震で少し被害をこうむったが、そのたび復興を遂げた。2010年のチリ地震では震源が近くだったため大きな揺れを受け[4]、旧市街の多くが崩壊した[5]。1818年にはホセ・イグナシオ・シエンフエゴス上院議長とベルナルド・オイギンスがこの地でチリの独立を宣言した[3]

基幹産業は小麦と中心とした農業とワイン生産。市内にはタルカ大学やマウレカトリック大学があり、とりわけカトリック大学はチリの歴史に重要な役割を果たした。

地理[編集]

チリ中央盆地のリルカイ川とクラーロ川が合流する地点の南に位置し、市街のど真ん中をパンアメリカンハイウェイが通っている。

気候[編集]

地中海性気候で、夏はカラッとした暑さに見舞われる一方冬になるとじめじめする。年平均降水量は749mm、平均気温は13℃。


タルカの気候
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
平均最高気温 °C (°F) 30
(86)
28
(82)
25
(77)
19
(66)
15
(59)
12
(54)
10
(50)
12
(54)
14
(57)
18
(64)
22
(72)
29
(84)
19
(66)
平均最低気温 °C (°F) 14
(57)
14
(57)
12
(54)
8
(46)
5
(41)
3
(37)
2
(36)
3
(37)
6
(43)
8
(46)
12
(54)
14
(57)
8
(46)
降水量 mm (inch) 2
(0.08)
2
(0.08)
17
(0.67)
64
(2.52)
105
(4.13)
130
(5.12)
182
(7.17)
128
(5.04)
70
(2.76)
34
(1.34)
12
(0.47)
3
(0.12)
749
(29.49)
出典: Weatherbase[6] 2008年2月19日

ギャラリー[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Chile Time”. World Time Zones .org. 2007年5月5日閲覧。
  2. ^ Chile Summer Time”. World Time Zones .org. 2007年5月5日閲覧。
  3. ^ a b Maule Region”. Universidad de Talca. 2008年7月30日閲覧。
  4. ^ Intensity of shaking in cities around the 2010 Chilean earthquake from USGS
  5. ^ Images of earthquake including collapse of Talca historic centre
  6. ^ “talca, chile”. WeatherBase.com. (2008年1月8日). http://www.weatherbase.com/weather/weatherall.php3?s=098261&refer=&units=metric