タリハ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
タリハ市
San Bernardo de la Frontera de Tarija
ボリビアの旗
Bolivia-tarija.jpg
Flag of Tarija.svg
市旗
位置
ボリビア内のセルカド郡の位置の位置図
ボリビア内のセルカド郡の位置
座標 : 南緯21度31分54秒 西経64度43分52秒 / 南緯21.53167度 西経64.73111度 / -21.53167; -64.73111
歴史
建設 1574年7月4日
行政
ボリビアの旗 ボリビア
  タリハ県
 郡 セルカド郡
 市 タリハ市
市長 オスカル・モンテス・バルソン
地理
面積  
  市域  ? km2
標高 1,854 m
人口
人口 (2001年現在)
  市域 135,783人
その他
等時帯 ボリビア標準時 (UTC-4)
夏時間 なし
公式ウェブサイト : http://www.tarija.bo/

タリハ市(Tarija)は、ボリビアにあるタリハ県の行政府所在地であり、最大の都市である。県の西部に位置し、クアダルキビル川が形成した盆地の中にある。市街地の南東部にはキャピタン・オリエル・リー・プラザ空港が位置している。高等教育機関としてはプリビダ・ドミンゴ・サビオ大学がある。

タリハ市が作られたのは1574年のことであり、元々はインカの領域であったが、スペイン人によって都市がつくられた。当初は"Villa de San Bernardo de Tarixa"(タリハのサンベルナルドの村)と呼ばれた。

スペイン人によって都市が建設されたこともあり、古いスペイン風建築であるサン・フランシスコ教会やメトロポリタナ大聖堂の教会・聖堂等が町の観光資源となっている。産業としては酪農のほか、ブドウおよびワイン醸造で知られ、輸出も行われている。

2007年にはアンデス共同体の会合が開かれた。

外部リンク[編集]