タアラブ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Taarab
様式的起源 アラブ音楽アフリカ音楽、インド音楽
文化的起源 19世紀末のザンジバル王国
使用楽器 ウードダルブッカカーヌーンハーモニアムタブラー大正琴[1]
流行時期 20世紀のスワヒリ文明圏(ソマリアケニアタンザニアなど)
テンプレートを表示

タアラブ、或いはターアラブ (Taarab,Tarabu) は、ザンジバル(現在のタンザニア連合共和国)で生まれ、東アフリカスワヒリ文化圏一帯で流行する音楽ジャンルである。

スワヒリ語の歌詞からなる歌はしばしば結婚式や祭礼などで歌われ、一般的にはダンスを伴わず専ら聴くことに専念する音楽である[2][3][1]

歴史[編集]

ザンジバル王国バルガッシュ王(在位:1870年 - 1888年)は、エジプトカイロから音楽家を招聘し、ザンジバル王国独自の楽団の育成を委ねた[4]アラブ音楽の導入から生まれたタアラブはザンジバル王国の宮廷音楽となり、1905年にザンジバル初の楽団ナディ・アフワン・アル=サファーが誕生した[3]

このようにして誕生したタアラブは、当初はアラブ系の男性が主導する宮廷音楽だったが、ザンジバル農村部出身の壺売りだった女性歌手シティ・ビンティ・サアド1880年頃 - 1950年)の活動により、20世紀前半中に大衆音楽化し、東アフリカ沿岸のスワヒリ文化圏の人々に広く親しまれるようになった[5]

主なミュージシャン[編集]

脚註[編集]

[ヘルプ]

参考文献[編集]

関連項目[編集]