ソニーBMG

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

Sony BMG Music Entertainment Inc.(ソニーBMGミュージックエンタテインメント)は、ソニー・ミュージックエンタテインメントベルテルスマンBMG)の合弁により誕生した音楽事業会社。ソニーによる完全子会社化により、現在はソニー・ミュージックエンタテインメント(Sony Music Entertainment Inc.)を名乗っている。

歴史[編集]

2004年3月4日、ソニーとベルテルスマンが50%ずつの出資に合意。ソニーの子会社であるソニー・ミュージックエンタテインメント(SME、旧CBSレコーズ・グループ)とベルテルスマンの子会社であるベルテルスマン・ミュージック・グループ(BMG)を新設合弁会社に株式移転させることで設立された。ソニーBMGはEMIユニバーサルワーナーと並ぶ四大レコード会社と呼ばれていた。

しかし2007年のソニーBMG製CD XCP問題をきっかけに[要出典]ソニーBMGの経営が悪化。2008年8月5日、ベルテルスマンは同社の持分(50%)を12億ドルでソニーに売却[1]、ソニーBMGはソニーの完全子会社となった。2009年1月1日、社名をソニー・ミュージックエンタテインメント(Sony Music Entertainment Inc.)に変更した。

脚注[編集]

  1. ^ Thiel, Simon (2008年8月5日). “Sony Buys Bertelsmann Sony BMG Stake for $1.2 Billion”. Bloomberg L.P.. 2008年8月5日閲覧。