セント・オールバンズ公

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
初代セント・オールバンズ公チャールズ・ボークラーク

セント・オールバンズ公(-こう、Duke of St Albans)は、イギリス公爵位。

1684年、イングランドチャールズ2世は、愛妾ネル・グウィンとの間の庶子で当時14歳のバーフォード伯チャールズ・ボークラークにセント・オールバンズ公位(ハートフォードシャーの都市セント・オールバンズにちなむ)を授けた。チャールズ2世は、当時の資産家である第20代オックスフォード伯オーブリー・ド・ヴィアーの一人娘ダイアナとチャールズ・ボークラークを結婚させた(ド・ヴィアー家は、12世紀に皇后マティルダから爵位を授けられた名家だった)。

従属称号はバーフォード伯(Earl of Burford、1676年、オックスフォードシャーの地名にちなむ)、ヘッディントン男爵(Baron Heddington、1676年、オックスフォードシャーの地名にちなむ)、ヴィアー男爵(Baron Vere、1750年、ミドルセックス州ハンワースにちなむ)である。ヴィアー男爵のみグレートブリテン貴族で、他はイングランド貴族の称号である。セント・オールバンズ公爵は、代々鷹司頭(Great Falconer of England)を世襲している。

公爵の法定推定相続人は、儀礼称号としてバーフォード伯を称する。バーフォード伯の嫡男はヴィアー卿と呼ばれる。

現在セント・オールバンズ公爵家は、所領をもっていない。かつての公爵家本宅は、ノッティンガムシャーのベストウッド、サリー州のアッパー・ガットンであった。

セント・オールバンズ公 (1684年)[編集]

現在の法定推定相続人は、14代公爵の長男バーフォード伯チャールズ・ボークラーク(1965年-)である。バーフォード伯の長男は、ヴィアー卿ジェームズ・ボークラーク(1995年-)である。

ヴィアー男爵 (1750年)[編集]

外部リンク[編集]