チャールズ・ボークラーク (初代セント・オールバンズ公)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
初代セント・オールバンズ公チャールズ・ボークラーク(1690年)

初代セント・オールバンズ公チャールズ・ボークラーク(Charles Beauclerk, 1st Duke of St Albans, KG, 1670年5月8日 - 1726年5月10日)は、イギリスの貴族。イングランドチャールズ2世と愛人ネル・グウィンとの間に生まれた庶子。初代セント・オールバンズ公でボークラーク家の祖。

1676年、チャールズ2世からボークラーク姓とバーフォード伯爵・ヘッティンドン男爵を与えられ、1675年に鷹司頭(Master of the Hawks)に任命、1684年にセント・オールバンズ公に叙爵され年金手当も与えられた。1685年に父が死去、1687年に母も亡くなるとウィンザー城敷地内のバーフォード・ハウスなど大規模な不動産を相続、同年に騎兵第8連隊隊長となり、1688年大トルコ戦争に参戦してベオグラード包囲戦に加わった。

1693年ウィリアム3世からジェントルマン・アット・アームス隊長に任命され、4年後の1697年には寝室係侍従になるなどウィリアム3世の下でも優遇された。アンの治世ではホイッグ党寄りの姿勢から遠ざけられたが、ジョージ1世の代で復帰、1718年にガーター勲章を受勲した。

1726年、56歳で死去。長男のチャールズが爵位を継承、遺体はウェストミンスター寺院へ埋葬された。

子女[編集]

1694年、オックスフォード伯オーブリー・ド・ヴィアーの娘ダイアナと結婚、12人の子を儲けた。

  1. チャールズ(1696年 - 1751年) - セント・オールバンズ公
  2. ダイアナ(1697年 - ?)
  3. ウィリアム(1698年 - 1733年)
  4. ヴィアー(1699年 - 1781年) - ヴィアー男爵
  5. ヘンリー(1701年 - 1761年)
  6. シドニー(1703年 - 1744年)
  7. ジョージ(1704年 - 1768年)
  8. シーモア(1708年 - 1709年)
  9. ジェームズ(1709年 - 1787年) - ヘレフォード司教
  10. オーブリー(1710年 - 1741年) - 海軍軍人
  11. メアリー(1712年 - ?)
  12. アン(1714年 - ?)

参考文献[編集]

名誉職
先代:
ラブレス男爵
ジェントルマン・アット・アームス隊長
1693年 - 1712年
次代:
ボーフォート公
先代:
ボーフォート公
ジェントルマン・アット・アームス隊長
1714年 - 1726年
次代:
ハーティントン侯
先代:
ノーサンバランド公
バークシャー統監
1716年 - 1726年
次代:
セント・オールバンズ公
イングランドの爵位
先代:
新設
セント・オールバンズ公
1684年 - 1726年
次代:
チャールズ・ボークラーク