セルネー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Cernay
Blason de la ville de Cernay (68).svg
Cernay, Hôtel de ville.jpg
行政
フランスの旗 フランス
地域圏 (Région) アルザス地域圏
(département) オー=ラン県Blason département fr Haut-Rhin.svg
(arrondissement) タン郡
小郡 (canton) 小郡庁所在地
INSEEコード 68063
郵便番号 68700
市長任期 ミシェル・ソルディ
2008年 - 2014年
自治体間連合 (fr) C.C. de Cernay et environs
人口動態
人口 11 288人
2009年
人口密度 626人/km²
住民の呼称 Cernéens
地理
座標 北緯47度48分26秒 東経7度10分36秒 / 北緯47.8072度 東経7.1767度 / 47.8072; 7.1767座標: 北緯47度48分26秒 東経7度10分36秒 / 北緯47.8072度 東経7.1767度 / 47.8072; 7.1767
標高 平均:m
最低:277 m
最高:358 m
面積 18 04km² (1 804ha)
Cernayの位置(フランス内)
Cernay
Cernay
公式サイト ville-cernay.fr
テンプレートを表示

セルネーCernayドイツ語:Sennheim、アルザス語:Sanna)は、フランスアルザス地域圏オー=ラン県コミューン

地理[編集]

テュール川が流れ、西側をヴォージュ山脈と接している。セルネーは昔から交通の要所であり、現在は国道66号線と国道83号線が交差する。タンから6km、ゲブヴィレールから12km、ミュルーズから18km、コルマールから36km離れている。

由来[編集]

タン門

セルネーは1144年にドイツ語でSennenheimとして記された。1184年にはアルザス語のSenneneと記された。1327年にはフランス語でSeyrenayと記され、現在のつづりとなったのは19世紀からである。

セルネーという名称はドイツ語の名称がフランス語化したものであり、ケルト語源で同じつづりのセルネーとは異なる。ゲルマン化された地域では、接尾辞の-acumは-ichか-achに変わっていただろう。

ドイツ語名のSennheimのSennは、ゲルマンの個人名である。

歴史[編集]

1268年にまちは早くも防衛を強化した。フェルレット伯爵領の一部となり、1324年に伯爵領はハプスブルク家のものとなった。1648年にヴェストファーレン条約によってセルネーはフランス領となった。

1914年のミュルーズの戦いでまちは広範囲にわたって破壊され、1945年初頭のコルマールの戦いで再び甚大な被害を受けた。第二次世界大戦中のセルネーは第三帝国に併合され、かつての精神病院は武装SS士官、特にフランス語圏出身者が多かった第33SS武装擲弾兵師団のための研修施設となっていた。

人口統計[編集]

1962年 1968年 1975年 1982年 1990年 1999年 2006年 2009年
8372 8563 9342 10208 10313 10446 10752 11288

参照元:Ehess[1]とInsee[2] · [3]

史跡[編集]

  • サンテティエンヌ教会 - 第一次世界大戦によって被害を受けた旧教会に替わって1925年に建てられたネオ・ゴシック様式。古典的なラテン十字型。
  • タン門 - 13世紀以来まちの防壁の一部である門
  • 中世の城壁の南東塔
  • マレシャル・ド・ションベック邸 - 1643年、ルイ13世はヴァイマル公配下のスウェーデン連隊大佐ションベックにセルネーの支配権を与えた。1647年にションベックがこの建物を購入。フランス革命後に売却され、1870年の普仏戦争まで公証人が所有者だった。

脚注[編集]