セルジオ・ドゥトラ・サントス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
セルジオ・ドゥトラ・サントス
Sérgio Dutra Santos
Volleyball (indoor) pictogram.svg
Sérgio Dutra Santos 2.jpg
基本情報
国籍 ブラジルの旗 ブラジル
生年月日 1975年10月15日(39歳)
出身地 Diamante do Norte
ラテン文字 Sérgio Dutra Santos
身長 184cm
体重 78kg
選手情報
所属 ブラジルの旗 サンタンデール・サンベルナルド
ポジション L
利き手
スパイク 325cm
ブロック 310cm
 
獲得メダル
Flag of Brazil.svg ブラジル
オリンピック
2004 男子バレーボール
2008 男子バレーボール
2012 男子バレーボール
世界選手権
2002 男子バレーボール
2006 男子バレーボール
ワールドカップ
2003 男子バレーボール
2007 男子バレーボール
テンプレートを表示

セルジオ・ドゥトラ・サントス(Sérgio Dutra Santos, 1975年10月15日 - )は、ブラジルの男子バレーボール選手。ポジションはリベロバレーボールブラジル男子代表

来歴[編集]

ブラジル代表のリベロに選出され、2001年に国際大会デビューを果たす[1]2001年ワールドリーグ2003年ワールドリーグでベストレシーバー賞、2002年ワールドリーグでベストディガー賞を受賞、2002年世界選手権2003年ワールドカップで金メダルを獲得し、ワールドカップではベストリベロ賞を受賞した。

2004年アテネオリンピックではブラジルにとって3大会ぶりの金メダル獲得に貢献するとともに、ベストディガー賞、ベストレシーバー賞、ベストリベロ賞の3賞を独占受賞し、同年オリンピック金メダリストの「世界一のリベロ」として、スーパーリーガからイタリアセリエAの強豪クラブ・ピアチェンツァへ移籍した。2008年まで在籍したピアチェンツァでは、2007-08年欧州チャンピオンズリーグでベストリベロ賞を受賞している。

その後も2000年代のブラジルバレー黄金期のナショナルチームの守護神として活躍を続け、2006年世界選手権2007年ワールドカップで金メダルを獲得し、ワールドカップでは2大会連続ベストリベロ賞を受賞。2008年北京オリンピックでは連覇はならなかったものの、銀メダル獲得に貢献した。

2009年ワールドリーグでは初のMVPと賞金30,000USドルを獲得[2]。優勝した2009年南米選手権2009年ワールドグランドチャンピオンズカップにおいてもベストリベロ賞を受賞した。またこの大会では自身のトスでジバのバックアタックをアシストするなどどこからでもどんな体勢からでも攻撃ができるというブラジルたるゆえんを見せつけた[要出典]

2012年8月のロンドンオリンピックでは、2大会連続となる銀メダルを獲得した。

球歴[編集]

所属クラブ[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]