セルゲイ・ハチャトゥリアン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

セルゲイ・ハチャトゥリアンSergey Khachatryan、アルメニア語:Սերգեյ Խաչատրյան1985年5月5日 - )は、アルメニアエレバンで生まれたヴァイオリニストである。

2000年、第8回シベリウス国際ヴァイオリン・コンクールにおいて、コンクール史上最年少で優勝。2001年3月にロンドンのフェアフィールドホールでイギリス室内オーケストラとナイジェル・ケネディの代役としてブルッフを演奏している。NHK交響楽団と演奏したベートーヴェンのヴァイオリン協奏曲で、『N響アワー』の2004年度ベスト・ソリスト2位となっている。

2005年、エリザベート王妃国際音楽コンクールにおいて第1位を獲得した。

2006年8月4日、エイヴリー・フィッシャー・ホールにおいて、オスモ・ヴァンスカ指揮により、ベートーヴェンのヴァイオリン協奏曲を演奏し、ニューヨーク・デビューを果たした。

フランス語、英語、アルメニア語、ロシア語、ドイツ語の5か国語を話す。

使用楽器[編集]

2009年4月 - 2011年1月までは1702年製ストラディヴァリウス「ロード・ニューランズ」。2010年10月からは、1740年製グァルネリ・デル・ジェス「イザイ」を使用(いずれも日本音楽財団から貸与)

ディスコグラフィ[編集]

  • シベリウス、ハチャトゥリヤン:ヴァイオリン協奏曲(2004年3月)
  • ショスタコーヴィチ:ヴァイオリン協奏曲(2007年1月)
  • フランク、ショスタコーヴィチ:ヴァイオリン・ソナタ(2008年3月)