セブンソード

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
セブンソード
七劍
監督 ツイ・ハーク
脚本 ツイ・ハーク
チョン・チーセン
チュン・ティンナム
製作 ツイ・ハーク
マー・ジョンジュン
パン・ジージョン
製作総指揮 レイモンド・ウォン
ホン・ボンチュル
チャン・ヨン
出演者 レオン・ライ
ドニー・イェン
音楽 川井憲次
撮影 キョン・クォッマン
編集 アンジー・ラム (HKSE)
配給 ワーナー・ブラザース映画
公開 香港の旗中華人民共和国の旗 2005年7月29日
日本の旗 2005年10月1日
上映時間 153分
製作国 香港の旗 香港
中華人民共和国の旗 中国
韓国の旗 韓国
言語 普通話
広東語
韓国語
製作費 $140,000,000[1]
テンプレートを表示

セブンソード』(原題:七劍)は、2005年公開の中国・香港・韓国合作の映画。香港アクション映画の第一人者であるツイ・ハーク監督の作品。梁羽生武俠小説『七剣下天山』の映画化だが、かなり改変されており、作品の名を借りた監督オリジナル作品に近く、また「七人の侍」にかなり近い。

ラウ・カーリョンの事実上最後の出演作品でもある。

あらすじ[編集]

1600年代、の時代の中国。圧政による反乱が増す中、清朝の王は反抗勢力を一掃すべく、「禁武令」という武術を習う者全てを斬首刑に処す禁令を出し、益々世は厳しいものになる。そんな中、反抗する武術家は仲間を集め7人となり、伝説の7本の剣と共に清の軍隊に立ち向かう。

キャスト[編集]

役名、俳優、日本語吹替。

原作との相違点として、一部の登場人物の設定が大幅に変更されている。

チュウ・チャオナン
高麗出身の元奴隷で口数は少なく、やる事が荒療治だが仲間を思いやる硬派なヒーロー的人物に変更。
原作では天山派の弟子だったが、由龍剣を欲した親王の策略でのちに清朝に帰順。同門の弟子たちを裏切り、彼らを凶刃にかける(但し、チャオナン自身は清朝への復讐も兼ね、敢えて帰順している)。
ウー・ユエンイン
性別を女性に変更。
原作では男性である。
シン・ロンツ
狼に育てられた青年に変更。
原作では傲慢かつ凶暴など、性格にかなり難のある中年。
ムーラン
ポジションを脇役に、かつ名前を変更。
原作では主人公の立場で、名は「凌未風」。

スタッフ[編集]

  • 監督・製作 - ツイ・ハーク
  • アクション監督 - ラウ・カーリョン
  • 製作 - リー・ジョウイ、マー・ジョンジュン、パン・ジージョン
  • 音楽 - ウィリアム・フー、レイモンド・ウォン
  • 脚本 - ツイ・ハーク、チェン・チー・シン、チュン・ティンナム
  • 原作 - 梁羽生『七剣下天山』
  • 製作総指揮 - レイモンド・ウォン、ホン・ボンチュル、チャン・ヨン
  • 撮影 - キョン・クォッマン
  • 美術 - エディ・ウォン
  • 編集 - アンジー・ラム (HKSE)
  • 衣装 - プーン・ウィンヤン
  • 音楽 - 川井憲次
  • 共同制作 - チョン・チーセン
  • プロダクション・コーディネーター - ソン・グー、チャリー・フー、キム・ユンドク
  • ラインプロデューサー - フォン・チーワイ
  • 武術指導 - スティーブ・トン・ワイ、ホン・ヤンヤン
  • イメージ・デザイナー - シャーリー・チャン

脚注[編集]

外部リンク[編集]