セオリー (ファッションブランド)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

セオリー(theory)とは、ファッションブランド。日本では、株式会社リンク・セオリー・ジャパンが展開する。

概説[編集]

1997年に設立されたアメリカのブランドで、日本では1998年からリンク・インターナショナル(初代)が輸入し展開。

アメリカ発祥であるが、本家であるセオリー社もリンク・インターナショナル(2代目・現リンク・セオリー・ジャパン)の完全親会社である株式会社リンク・セオリー・ホールディングス(初代リンク・インターナショナル)が傘下に収め、経営権を獲得した。

その後、2009年7月に株式会社ファーストリテイリングがリンク・セオリー・ホールディングスを完全子会社化。翌2010年3月から6月にかけて事業再編を実施し、現在はファーストリテイリング傘下のブランドとなっている。

ファーストリテイリング代表取締役会長社長柳井正取締役会長を務め、リンク社の創業者で元筆頭株主の佐々木力(同名の大学教授とは別人)が代表取締役社長兼CEOを務めた。


創立者[編集]

エリー・タハリー

特徴[編集]

コスチュームではなく着る人自身を主役にした服をテーマに、着心地の良さと美しいシルエットを追及している。 スーツなども含め、ほぼすべての商品にストレッチ加工がしてある。 NYのデザイナーブランドだが、社長佐々木力によって日本での専売権のもと日本で紹介され、カンパニー化。 2009年に経営悪化のため、ファーストリテイリングによって買収、傘下に入る。

ブランド名[編集]

  • theory
  • theory MEN

コンピレーションアルバム「theory × FreeTEMPO」[編集]

2007年4月18日FreeTEMPO選曲・監修によるコンピレーションアルバム「theory × FreeTEMPO」がユニバーサルミュージックよりリリースされている。カタログ番号はUPCH-1542で現在は廃盤となっている。 選曲コンセプトは「ある1日」で、1日の流れを各々のハウス系ミュージック、そして選曲構成によって表現されており、FreeTEMPOのオリジナル作品であるインストゥルメンタル曲「theory」も収録されている。


# 曲名 歌唱・演奏 曲長 備考
1 Imagery FreeTEMPO 4:14 FreeTEMPOのコレクションアルバム「Imagery」に収録
2 Beautiful Days Fantastic Plastic Machine 4:28 Fantastic Plastic Machineのアルバム「beautiful.」に収録
3 Flight feat. Monique Bingham Studio Apartment 8:10 Studio Apartmentの7枚目のシングル曲
4 Rainbow i-dep 6:03 i-depのアルバム「Smile exchange」に収録
5 Rollin' Feat. NOKKO JAFROSAX 4:59 JAFROSAXのシングル曲
6 The Real Thing Feat. Monday Michiru meets Rasmus Faber Soul Source Production 6:36 Soul Source Productionのアルバム「He Knows His Place...」に収録
7 LET LIFE LOOSE Feat. Lori Fine DAISHI DANCE 7:24 DAISHI DANCEのアルバム「the P.I.A.N.O. set」に収録
8 BRIGHT LIKE LIGHT feat. LENA FUJII DJ KAWASAKI 7:26 DJ KAWASAKIのアルバム「BEAUTIFUL TOO」に収録
9 star baby Feat. Miyuki Hatakeyama SUGIURUMN 5:13 SUGIURUMNの5枚目のシングル曲
10 EVERYTHING NEEDS LOVE featuring BoA Mondo Grosso 5:59 Mondo Grossoの11枚目のシングル曲
11 Aurora Chari Chari 9:30 Chari Chariのアルバム「In Time」に収録
12 Sky High feat. blanc. FreeTEMPO 4:34 FreeTEMPOのオリジナルアルバム「The World Is Echoed」に収録
13 theory FreeTEMPO 3:20 このアルバムのみ収録のオリジナル曲

外部リンク[編集]