ズーアカンプ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ズーアカンプ社の商標

Suhrkamp Verlag(ズーアカンプ・フェルラーク)は1950年創立のドイツ出版社ヨーロッパの出版界をリードする出版社のひとつとして広く知られている。

社史[編集]

1933年フィッシャー社の経営者ザムエル・フィッシャー(1859-1934)は、当時ベルリンでフリーのライターとして活躍していたペーター・ズーアカンプ(1891-1951)を雇い入れた。ザムエル・フィッシャーの死後、ズーアカンプがフィッシャー社を運営。1942年にズーアカンプはゲシュタポに捕えられ、強制収容所に収容される。戦後に生還した後、ズーアカンプはフィッシャー社から独立し1950年ヘルマン・ヘッセの協力のもと自らの出版社を立ち上げる。フィッシャー社の48人の著作家たちのうち33人がズーアカンプへの協力に賛同を示した。年内にペーター・ズーアカンプはヘルマン・ヘッセやルドルフ・アレクサンダー・シュレーダーヘルマン・カザックT・S・エリオットバーナード・ショー、さらにベルトルト・ブレヒトの作品の出版に漕ぎ着けた。

1952年ジークフリート・ウンゼルトがズーアカンプ社に入社。1957年最高経営責任者になる。1959年のズーアカンプの死後、ウンゼルトが会社を引き継ぐ。ウンゼルトの経営のもとでズーアカンプ社は三つの分野を軸に出版活動を広げていった。20世紀ドイツ文学、外国文学、人文科学である。ズーアカンプ社は本のデザインにも気を配っている。とくにデザイナーヴィリー・フレックハウスが手掛けた装丁の美しさが知られている。

ズーアカンプ出版社グループ[編集]

1990年にズーアカンプ社はユディッシャー出版社の株の51%を保有し、1992年に„Jüdischer Verlag im Suhrkamp Verlag“として出版プログラムを立ち上げた。この企画にはインゼル出版社ドイツ古典出版社も参画している。

1998年にズーアカンプ社グループが保有していたノモス出版協会C・H・ベック出版社に売却した。

外部リンク[編集]