ズグロモズモドキ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ズグロモズモドキ
ズグロモズモドキ
ズグロモズモドキ Vireo atricapillus
保全状況評価
VULNERABLE
(IUCN Red List Ver.3.1 (2001))
Status iucn3.1 VU.svg
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 鳥綱 Aves
: スズメ目 Passeriformes
亜目 : スズメ亜目 Oscines
: モズモドキ科 Vireonidae
: Vireo
: ズグロモズモドキ V. atricapillus
学名
Vireo atricapillus
Woodhouse, 1852
和名
ズグロモズモドキ
英名
Black-capped vireo

ズグロモズモドキ(頭黒百舌擬、Vireo atricapillus)は、動物界脊索動物門鳥綱スズメ目モズモドキ科に分類される鳥類。

分布[編集]

アメリカ合衆国オクラホマ州テキサス州)、メキシコ

夏季にアメリカ合衆国南部やメキシコ北部(コアウィラ州)で繁殖し、冬季になるとメキシコ南西部へ南下し越冬する。[1][2]

形態[編集]

全長11-12cm。[1][2]全身は緑褐色の羽毛で被われる。[1]眼の周囲に白い斑紋(アイリング)が入り[2]、眼先も白い。[1]翼の色彩は黒く、羽毛の外縁(羽縁)は緑褐色。[2]

虹彩は赤い。[2]嘴は短い。[2]

オスの成鳥は頭部が黒い羽毛で被われる。[1][2]メスの成鳥は頭部が灰色の羽毛で被われ[2]、アイリングや眼先の白色部が小型。[1]

生態[編集]

落葉広葉樹に生息する。[1][2]

食性は雑食で、昆虫クモ種子などを食べる。[2]

ペアを解消し年に2回繁殖する事もある。[2]繁殖形態は卵生。4-8月に野火の後などに発生するウルシやコナラなどからなる下生えが密生した低木林で樹上に植物の葉や樹皮、クモの糸でお椀状の巣を作り、1回に3-4個の卵を産む。[2]雌雄交代で抱卵し、抱卵期間は13-17日。[2]育雛も雌雄共に行い、雛は孵化してから9-12日で巣立つ。[2]

人間との関係[編集]

開発による生息地の破壊、環境整備による野火の減少、開発により分布を広げているコウウチョウによる競合や托卵など[1]により生息数は激減している。[2]生息地を生物保護区に指定したり、コウウチョウの駆除などの対策が進められている。[2]

関連項目[編集]

参考文献[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g h 小原秀雄・浦本昌紀・太田英利・松井正文編著 『動物世界遺産 レッド・データ・アニマルズ1 ユーラシア、北アメリカ』、講談社2000年、105、207頁。
  2. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p 『絶滅危惧動物百科6 サイ(スマトラサイ)―セジマミソサザイ』 財団法人自然環境研究センター監訳、朝倉書店2008年、76-77頁。

外部リンク[編集]

執筆の途中です この項目「ズグロモズモドキ」は、鳥類に関連した書きかけ項目です。加筆・訂正などをして下さる協力者を求めていますポータル鳥類 - PJ鳥類