スヴァローグ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

スヴァローグ(Svarog)とはスラヴ神話における太陽神であり、の精霊の神でもある。輝き清いという意味である。

概要[編集]

スヴァローグという名は、同じ意味を持つサンスクリット語のSvargaとペルシャ語のxwar(クヴァル)と関連している可能性があることから、インド=ヨーロッパ語族との関連性が示唆される。

古スラヴ人にとって火はとても神聖であったため、火が灯っている間は叫んだり罵ることは禁止されていた。火の神Svarogichはスヴァローグの息子である(「~ヴィッチ」とは子と言う意味である)という解釈も存在する一方、この2人は同一の火の神を示すという解釈もある。

古スラヴ神話では、スヴァローグは火に介在する生殖や性的な力をもって鍛冶の神としても信仰していた。 いくつかの神話では、スヴァローグは溝を掘るのに、自身の口を代わりに使って耕し、人間に恵みを与えたという。さらにスヴァローグは深い溝を作り、あの世とこの世を切り離す事も出来るという。

また、スヴァローグは聖コスマスと聖ダミアヌス、聖ミカエルとも同一視された。この場合、聖人を動物表現で表すことが多い。同一視された聖人の姿は黄金の角を持った牛、雄豚、馬、Varagnaという名のハヤブサで現している。

なお、最近の欧州ではネオペイガニズムというムーブメントがある。ネオペイガニズム上のスヴァローグを最高神かつ創造神とすることがある。本来の古スラヴ神話ではスヴァローグ 、ペルーン、ダジボーグの三柱がトリグラフを構成していたからである。

関連項目[編集]

脚注[編集]


参考文献[編集]

  • Graves, Robert: New Larousse Encyclopedia Of Mythology (Hardcover) Crescent (December 16, 1987)
  • Ryan, W. F.:The Bathhouse at Midnight: An Historical Survey of Magic and Divination in Russia (Magic in History Series) (Paperback) Pennsylvania State University Press (September 1999)
  • Znayenko, Myroslava T.: The gods of the ancient Slavs: Tatishchev and the beginnings of Slavic mythology (Paperback), Slavica (1980)
  • Yoffe, Mark; Krafczik, Joseph: Perun: The God of Thunder (Studies in the Humanities (New York, N.Y.), V. 43.) (Hardcover), Peter Lang Publishing (April 2003)
  • フェリクス・ギラン編、小海永二訳『ロシアの神話』青土社1993,pp12-17.