トリグラフ (スラヴ神話)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

トリグラフロシア語:Триглав英語:Triglav, troglav)とは、スラヴ神話に登場する、あるいは神々の集合体である。キリスト教三位一体ヒンドゥー教三神一体と似たところがある。しばしばトロヤン (Троян) と同一視される。

トリグラフは、三柱の神々からなる単体の神であるという。この三人組を構成する神は厳格には定まっておらず、時代や地域によって様々だった。古くはスヴァローグペルーンダジボーグの三柱がトリグラフを構成していたが、後世ダジボーグはスヴェントヴィトヴォロスに取って代わられた。しばしば、トリグラフが三柱の神々の融合体であるとする記述もある。まれに、トリグラフはその三柱の神々の息子である、と語られることもあり、こちらのトリグラフは同時に、より下位の神々からなる個体 (Lesser Triglav) なのかもしれない。

とある伝承では、トリグラフは布で完全に覆い隠されているという。というのも、人々の邪悪な行いを直視することができないほど神聖であるからだ。人間の前に姿を現すことは滅多に無い、とされている。

トリグラフは一般に3つの頭をもった男性(en:Polycephaly も参照)の姿で表され、(金色の)目隠しがなされていることもある。また3つの山羊の頭をもった男性の姿で表されることもある。ポーランドシュチェチンのそばにあったいくつかの神殿では、供物も献げられていたという。しかしキリスト教化の中、これらの神殿や神像は全て破壊されてしまった。

三頭[編集]

トリグラフの3つの頭は、それぞれ天空・地上・地下 (en:Underworld) を表しているという。僧の内には、トリグラフが世界を成す3つの王国(天空・地上・地下)全てを支配しており、ゆえに3つの頭をもっている、また人々が冒す罪を見ることができないため、その3対の眼を覆っているのだ、と語った者もいる。この像にある全ての眼が覆われているということから、その眼には偉大な力が宿っていると語る者もいる。

関連項目[編集]