スリランカの中央高地

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
世界遺産 スリランカの中央高地
スリランカ
ピーク・ウィルダーネス保護区
ピーク・ウィルダーネス保護区
英名 Central Highlands of Sri Lanka
仏名 Hauts plateaux du centre de Sri Lanka
面積 56,844 ha (緩衝地域 72,645 ha)
登録区分 自然遺産
登録基準 (9), (10)
登録年 2010年
IUCN分類 Unassigned
公式サイト ユネスコ本部(英語)
使用方法表示

スリランカの中央高地」は、2010年の第34回世界遺産委員会で登録されたスリランカの世界遺産である[1]複合遺産として推薦されたが、文化遺産としての顕著な普遍的価値は認められず、自然遺産での登録となった[2]。1988年のシンハラジャ森林保護区以来22年ぶりの、スリランカの自然遺産となった[3]

この物件を構成しているのは、ピーク・ウィルダーネス保護区(Peak Wilderness Protected Area)、ホートン・プレインズ国立公園(Horton Plains National Park[4]、 ナックルズ保護森林(Knuckles Conservation Forest)で、それらの熱帯雨林群は標高2500mに達する。

一帯は、カオムラサキラングールTrachypithecus vetulus monticola)やアカホソロリスLoris tardigradus nycticeboides)といった、珍しい哺乳類の生息地になっている[5]

概要[編集]

スリランカの熱帯雨林は、中央高地群とナックルズ山地の標高1000m以上の低山帯やそれに準ずる湿潤な森林に代表される[6]

スリランカの顕花植物固有種の半分と脊椎動物の固有種の51%が、このエコリージョンに結びついており、哺乳類については5種の厳正な固有種と8種のニア・エンデミックが、鳥類については5種の厳正な固有種と20種のニア・エンデミックが生息している[6]

この物件はピーク・ウィルダーネス保護区、ホートン・プレインズ国立公園、ナックルズ保護森林という3つの保護区を内包している。

ピーク・ウィルダーネス保護区は、1940年10月25日に設定された面積22380 haの保護区である[7]。ホートン・プレインズ国立公園は、その東側の境界に接している国立公園で、元々は1969年12月5日に設定された自然保護区だったが、1988年3月16日に国立公園に昇格した。ナックルズ山地はその北東に位置し、その残存種や固有種の植物相動物相は、中央山塊の山岳森林とは異なっている[6]。なお、ピーク・ウィルダーネス保護区内にそびえるスリー・パーダ(Sri Pada、標高2238m) は、山頂にある「聖なる足跡」を信仰対象とする山岳信仰の山で、仏教徒ヒンドゥー教徒イスラーム教徒キリスト教徒の共通の聖地である。別名をアダムスピークといい、イスラーム教徒が足跡をアダムとすることに由来する。別名のサマナラ・カンダ(Samanala Kanda)は「蝶々の山」の意味で、乱れ飛ぶ蝶々に由来する山名である。

登録基準[編集]

この世界遺産は世界遺産登録基準における以下の基準を満たしたと見なされ、登録がなされた(以下の基準は世界遺産センター公表の登録基準からの翻訳、引用である)。

  • (9) 陸上、淡水、沿岸および海洋生態系と動植物群集の進化と発達において進行しつつある重要な生態学的、生物学的プロセスを示す顕著な見本であるもの。
  • (10) 生物多様性の本来的保全にとって、もっとも重要かつ意義深い自然生息地を含んでいるもの。これには科学上または保全上の観点から、すぐれて普遍的価値を持つ絶滅の恐れのある種の生息地などが含まれる。

脚注[編集]

  1. ^ “World Heritage Committee inscribes two new sites on World Heritage List”. unesco.org. UNESCO. (2010年7月30日). http://whc.unesco.org/en/news/640 2010年8月1日閲覧。 
  2. ^ “Hawai’i and Sri Lanka added to the World Heritage List”. IUCN. (2010年7月31日). http://cms.iucn.org/?uNewsID=5791 2010年8月1日閲覧。 
  3. ^ Sirimane, Shirajiv (2010年8月1日). “Central Highlands, a Natural World Heritage”. Sunday Observer. http://www.sundayobserver.lk/2010/08/01/new13.asp 2010年8月1日閲覧。 
  4. ^ Peak Wilderness や Horton Plains は、世界遺産センターのフランス語による概要説明でも英語綴りのままなので、この記事でもそれに準じてカタカナ書きとした。
  5. ^ Rodrigo, Malaka (2010年8月8日). “Lanka’s central highlands win heritage battle”. The Sunday Times. http://www.sundaytimes.lk/100808/Plus/plus_01.html 2010年8月8日閲覧。 
  6. ^ a b c Wikramanayake, Eric D.; Gunatilleke, Savithri. “Sri Lanka montane rain forests”. worldwildlife.org. WWF. 2010年8月1日閲覧。
  7. ^ Green, Michael J. B. (1990). IUCN directory of South Asian protected areas. IUCN. pp. 234. ISBN 2831700302. http://books.google.com/?id=bs_t9aOtIk0C&dq=IUCN+directory+of+South+Asian+protected+areas. 

Icon of Sekaiisan.svg Icon of Sekaiisan.svg スリランカの世界遺産
World Heritage Sites in Sri Lanka

文化遺産
聖地アヌラーダプラ | 古都ポロンナルワ | 古都シギリヤ | 聖地キャンディ | ゴールの旧市街と要塞 | ダンブッラの黄金寺院
自然遺産
シンハラジャ森林保護区 | スリランカの中央高地
世界遺産 | アジアの世界遺産 | スリランカの世界遺産 | [編集]
Commons-logo.svg ウィキメディア・コモンズに、スリランカの世界遺産に関連するマルチメディアがあります。

座標: 北緯7度27分 東経80度48分 / 北緯7.450度 東経80.800度 / 7.450; 80.800