スヒンドル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

座標: 北緯43度11分 東経25度11分 / 北緯43.183度 東経25.183度 / 43.183; 25.183

スヒンドル
Сухиндол
スヒンドルの位置(ブルガリア内)
スヒンドル
スヒンドル
ブルガリア内のスヒンドルの位置
Община Сухиндол на картата на България.gif
ブルガリアの旗 ブルガリア
州(オブラスト) ヴェリコ・タルノヴォ州
基礎自治体 スヒンドル
自治体全域の人口 2977[1]
(2009年06月15日現在)
町の人口 2185[2]
(2009年06月15日現在)
ナンバープレート BT
標高 191 m
標準時 EETUTC+2
夏時間EESTUTC+3

スヒンドルブルガリア語:Сухиндол / Suhindol)はブルガリア北東部の町、およびそれを中心とした基礎自治体ヴェリコ・タルノヴォ州に属する。

ドナウ平原の中央に位置し、ワイン生産に適した土地である。地元のワイン生産共同組合"Gamza"は、町の名前を冠したワインの生産で知られている。スヒンドルのワイン生産者たちは、地元の品種ディミャト(Димят / Dimyat)とともにカベルネ・ソーヴィニヨンメルローも生産している。

町の近くには、ロシツァ川(Росица / Rositsa)にかかるダム湖があり、バルカン山脈のふもとの丘陵を形成している。これらは自然観光の目的地となっている。また、ロシツァ川は「ソン」とよばれるヨーロッパナマズСом / Somen / species)が生息している。中には体長2メートルを超えるものもおり、特に、アレクサンドル・スタンボリスキー・ダム湖に生息するものは巨大である。

町村[編集]

スヒンドル基礎自治体(Община Сухиндол)には、その中心であるスヒンドルをはじめ、以下の町村(集落)が存在している。


脚注[編集]

  1. ^Главна Дирекция - Гражданска Регистрация и Административно Обслужване (2009年6月15日). “Таблица на населението по постоянен и настоящ адрес” (ブルガリア語). 2009年7月30日閲覧。