スカルン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

スカルン(skarn)とは、石灰岩苦灰岩などの炭酸塩岩中(あるいは、その近傍)に花崗岩などのマグマ貫入してきた際、その接触部付近にできる鉱物の集合体(変成岩)。カルシウムマグネシウムアルミニウムなどに富むケイ酸塩鉱物(スカルン鉱物)ができる。

マグマからケイ酸や鉄、アルミニウムなどが石灰岩の方に移動し、石灰岩中のカルシウム(苦灰岩の場合はマグネシウムも)と反応して鉱物ができる。物質によって移動距離が異なるので、鉱物種ごとに帯状構造を示すことがある。物質の移動には直接浸透と熱水の介在による移動が存在し、熱水の影響が大きい場合は、変成はしばしば広範囲に及ぶ。

なお、マグマの熱により、石灰岩は結晶質石灰岩に変わっていることが多い。

スカルン鉱物[編集]

主なスカルン鉱物(skarn mineral)。

高温型スカルン[編集]

花崗岩よりも固結温度の高い玄武岩質マグマなどの貫入で生成されたスカルンを高温型スカルンとよぶ。世界的にも産地がほとんどないため、珍しい鉱物が産出する。日本では、岡山県高梁市布賀地域や岩手県赤金鉱山の坑内で見つかった例などが有名。

関連項目[編集]

参考文献[編集]