二郎は鮨の夢を見る

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
二郎は鮨の夢を見る
Jiro Dreams of Sushi
監督 デヴィッド・ゲルブ
製作 ケヴィン・イシカワ
トム・ペリグリーニ
撮影 デヴィッド・ゲルブ
配給 アメリカ合衆国の旗 マグノリア・ピクチャーズ
日本の旗 トランスフォーマー
公開 アメリカ合衆国の旗 2011年6月11日
日本の旗 2013年2月2日
上映時間 81分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 日本語
英語
興行収入 (北米)1,990,302米ドル[1]
テンプレートを表示

二郎は鮨の夢を見る』(じろうはすしのゆめをみる、原題:Jiro Dreams of Sushi)は、2011年に公開されたデヴィッド・ゲルブ (David Gelb) 監督によるアメリカ合衆国ドキュメンタリー映画。85歳の寿司職人で「すきやばし次郎」の店主である小野二郎を追い、すしの技を極めようと探求し続けるその姿と、伝説的存在である父に追いつくべく奮闘する長男・禎一(よしかず)を捉えた作品。映画には、もうひとりの息子である次男・隆士(たかし)が経営する、よく似た感じだが、より気楽な雰囲気のある店との対比も短く描かれている。

この作品は、第61回ベルリン国際映画祭において、食と環境をテーマとする作品を対象としたカリナリ・シネマ部門に出品された[2][3]。アメリカ合衆国では2011年プロヴィンスタウン国際映画祭 (Provincetown International Film Festival) で初公開され[4]、同年のトライベッカ映画祭に公式参加した[5]

監督のゲルブは、作中にも登場する山本益博[6]と寿司店をまわり、小野に出会った[7]

興行成績[編集]

北アメリカにおける興行は、2012年3月9日ニューヨークの2カ所で封切られた、3月16日からロサンゼルスでも公開された[7]2012年5月7日の時点で、この作品は北アメリカにおいて 1,990,302ドルの興行成績を上げている[1]

批評[編集]

この作品は批評家たちの間でも肯定的に受け止められている。レビューサイト「Rotten Tomatoes[8]や「Metacritic[9]においても好評価を得ている。

フィリップ・グラスによる音楽も、芸術性が評価されている[10]

出典・脚注[編集]

  1. ^ a b Jiro Dreams of Sushi (2012)”. Box Office Mojo. Amazon.com. 2012年5月9日閲覧。
  2. ^ Culinary Cinema, Jiro Dreams Of Sushi”. Internationale Filmfestspiele Berlin. 2012年5月11日閲覧。
  3. ^ ベルリン映画祭に日本の寿司名店の2代目登場!べらんめえ調の言葉に会場わく【第61回ベルリン国際映画祭】”. シネマトゥデイ (2011年2月19日). 2012年5月11日閲覧。
  4. ^ Jiro Dreams Of Sushi – PIFF”. 2012年5月11日閲覧。
  5. ^ Tribeca Film Guide: Jiro Dreams of Sushi”. 2012年5月11日閲覧。
  6. ^ 職人という生き方”. サンフランシスコ・シネマライフ (2012年3月27日). 2012年5月11日閲覧。
  7. ^ a b 「すきやばし次郎」ドキュメンタリー映画「Jiro Dreams of Sushi」、NYで話題に”. ニューヨーク経済新聞 (2012年3月19日). 2012年5月11日閲覧。
  8. ^ Jiro Dreams of Sushi (2012)”. Rotten Tomatoes.. 2012年4月28日閲覧。
  9. ^ Jiro Dreams of Sushi”. Metacritic.. 2012年4月21日閲覧。
  10. ^ 細木信宏 (2012年2月28日). “ミシュランガイド三つ星の名店「すきやばし次郎」のドキュメンタリー映画が、いよいよアメリカで公開! デヴィッド・ゲルブ監督に聞く!”. シネマトゥデイ/NHN Japan Corp.. 2012年5月11日閲覧。

外部リンク[編集]