ジョージ・ロジャー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ジョージ・ロジャーGeorge Rodger,1908年3月19日 - 1995年7月24日)は、イギリス出身の写真家である。19歳で商船隊の船員となって世界中を航海した。航海中、記録をつけるために写真を撮るようになったという。

その後アメリカに渡ったが、大恐慌のせいで仕事が見つからず、1936年にイギリスに戻ってBBCのカメラマンを経てフリーランスの写真家となった。第二次世界大戦中には「ライフ」誌の特派員としてアフリカ、中近東、アジア、ヨーロッパなど各地の戦線を取材。

1945年、ドイツのユダヤ人強制収容所を取材する。ロジャーはその収容所に入った初めてのジャーナリストであり、積み重なった死体の写真は「ライフ」や「タイム」に掲載され、世間に大きな衝撃を与えた。本人はその経験がトラウマとなり、以降は戦争特派員として働くのを辞めた。

1947年にロバート・キャパアンリ・カルティエ=ブレッソンらと共にマグナム・フォトの設立に携わった。

1948年からはアフリカをテーマにし、ヌバ族マサイ族などを取材した。以後、30年以上フリーランスの写真家として活動し、彼の作品は「ナショナル・ジオグラフィック」誌など、様々な雑誌・新聞に取り上げられた。

日本では2004年3月、フォト・ギャラリー・インターナショナルにて初の個展が開かれた。

2014年5月に、孫のエリオット・ロジャー(息子の長男)がカルフォルニアで銃乱射事件を起こし、6人を殺害後、自殺した[1]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Deadly California rampage: Chilling video, but no match for realityCNN, May 28, 2014