ヌバ族

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ヌバ族の男性。体に化粧を施している。
ヌバ族の女性
ヌバ山脈の中にあるヌバ族の村

ヌバ族nuba)はスーダン共和国コルドファン地方ヌバ山地に居住するニジェール・コンゴ語族コルドファン語派の民族の総称。カトラ語コアリブ語タゲリ語タロディ語トゥムトゥム語に分類され、人口は約50万人。ナイル峡谷の民族移動に巻き込まれなかったため、独自の文化を形成した。

生活様式[編集]

シコクビエモロコシトウモロコシゴマオクラメロンヒョウタンワタタバコなどを栽培する農耕民族で、ヤギロバなどの畜産も盛んである。父系クランと母系クランが混在しており、相続に関する規定は特にない。

肉体的鍛錬を美徳とし、独自ルールに則った格闘競技が盛んに実施される。競技者はを全身に塗して戦い、勝者にはアカシアの枝が与えられる。素手で戦うレスリングのほか、棍棒チャクラムなどを使用した競技がある。

出典[編集]

関連項目[編集]