ジョーイ・ジャーデロ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ジョーイ・ジャーデロ(Joey Giardello、本名:カルミネ・オーランド・ティレッリ、1930年7月16日 - 2008年9月2日)は、アメリカ合衆国出身の元プロボクサー。元WBAWBC世界ミドル級チャンピオン。

経歴[編集]

ニューヨーク生まれのイタリア系。1948年プロ入り。遅咲きのボクサーで、1959年、後に世界王座を賭けて戦うことになるアフリカの英雄ディック・タイガーと2戦し、1勝1敗の星を残す。翌1960年4月20日、NBA世界ミドル級王者ジーン・フルマーに挑戦するが、15回引分けで王座獲得ならず。

1963年6月24日、晩年のシュガー・レイ・ロビンソンに土を付ける。その勢いを駆って同年12月7日、WBA・WBC世界ミドル級王者ディック・タイガーに挑み、15回判定勝ちでタイガー3度目の防衛を阻み、遂に世界王者となった。この時既に33歳であった。

初防衛戦では猛ファイター、ルービン・カーターを判定で下して防衛に成功するが、1965年10月21日、タイガーとの再戦となった二度目の防衛戦で痛い星を落とし、王座陥落。

通算戦績[編集]

134戦101勝(33KO)25敗7引分け

関連項目[編集]