ジョヴァンニ・ボレリ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Giovanni Alfonso Borelli.

ジョヴァンニ・ボレリ(Giovanni Alfonso Borelli、1608年1月28日 - 1679年12月31日)は17世紀イタリア物理学者生理学者である。天体の運動理論や、骨と筋肉による動物の運動の理論の基礎を築いた。

ナポリに生まれた。ピサ大学で数学を研究し、フィレンツェで物理と天文学を学んだ。1649年メッシーナで、1656年ピサ大学の数学の教授となった。1666年、Theorica mediceorum planetarum ex causis physicis deducta(『物理的原因から導かれたメディチの星の理論』)を出版し、フランスの学者イスマエル・ブーリオーの幾何理論の助けを受けて、惑星の軌道が楕円軌道となる理由を説明した。

没後の1880年に出版されたmotu animalium(『動物の運動』)で、動物の運動を力学的に説明することを試みた。

1674年ローマに移り、退位したスウェーデン女王クリスティーナの保護をうけた。

著作[編集]

  • Della cagioni delle febbri maligne (Pisa, 1658)
  • Euclides Restitutus (Pisa, 1658)
  • Apollonii Pergaei Conicorum libri v., vi. et vii. (Florence, 1661)
  • De vi percussionis (Bologna, 1667)
  • Meteorologia Aetnea (Reggio, 1669)
  • De motionibus naturalibus a gravitate pendentibus (Bologna, 1670)