ジョン・ラリー・ケリー・ジュニア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ジョン・ラリー・ケリー・ジュニア
人物情報
生誕 1923年
アメリカ合衆国の旗 テキサス州 コーシカナ
死没 1965年(満41歳没)
アメリカ合衆国の旗 ニューヨーク マンハッタン
居住 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身校 テキサス大学
学問
研究分野 情報科学
研究機関 ベル研究所
主な業績 ケリー基準の発見
テンプレートを表示

ジョン・ラリー・ケリー・ジュニア (John Larry Kelly, Jr., 1923年 - 1965年) は、アメリカ合衆国の科学者。ベル研究所に勤務した。

収益を最大化する経済学の法則であるケリー基準 (Kelly criterion) [1][2]の発見で知られる。クロード・シャノンらと共に、情報理論を利用し、ギャンブルで最も効率のよい賭け方を研究した。ただし、自ら賭けることはしなかった。

音声合成の研究でも知られ、世界で最初にコンピュータに歌を歌わせた。1961年IBM 7094デイジー・ベルを歌わせた。ベル研究所を訪問したアーサー・C・クラークがこの実演を見たことで、SF映画・小説『2001年宇宙の旅』に登場するコンピュータHAL9000がデイジー・ベルを歌うことになった。

1965年、マンハッタンの路上で脳内出血により死去した。

脚注[編集]

  1. ^ ケリー基準
  2. ^ Kelly基準とその周辺の意味するもの